忍者ブログ

 何気ない会話の中でふとしたはずみに、約束も出来ない事を言ってしまう事があります。
 その場の雰囲気を壊さないよう配慮したつもりが、軽はずみな発言で自分を苦しめてしまう事になります。人間はいつも軽率な発言したり、軽率な行動をとったりして、逆に自分が迷ったり人を惑わせたり、またいい加減に思われたりします。なぜこの様な事が起こるのか、そんな時心の中は、自分を良く思わせたいという欲が生まれています。
 また他人を喜ばせようとして、その場限りの繕いをしてしまうのです。また小さな出来事を大げさに言ってしまったり、明らかに嘘と分かるような自慢をしたり、そこには必ず自分以外の対象物があり、自分を良く思われたいという思いがそうさせてしまうのです。逆に軽率な発言ではなく、常に慎重な発言をしていたら人間関係は上手くいくのでしょうか。
 日本語はとても難しくて、どんなに慎重に発言しようとしてもあの、政治家でさえも失言する事もあります。人間関係の中で人々は、お互いに自分の中で判断しています。その場の雰囲気を楽しみ、その中で交わされた言葉の内容はお互いの関係の中で許せる範囲なら、慎重な発言よりも軽率な発言の方が楽しいのです。嘘を言ってはいけないと言われていますが、本当の事ばかり言っていたら逆に嫌われてしまいます。
 心に思った事をすぐさま言葉にしてしまったら、相手を怒らせる事になり兼ねません。例え髪型が乱れていたり服装が可笑しいとしても、正直にそれを言う事は決して良い事ではありません。目の前で嫌な事をされても、我慢しないといけない事も良くあるのです。
 人の言葉に腹を立てて言い返してみても、人間関係は上手くいきません。お互いを慰め合う様な優しい、いい加減な言葉の方が人間関係を上手く繕えるのです。正直者が馬鹿をみる時代が、本当は終わりにしなければいけないはずです。しかし正直が常に正しいとは限りません。嘘も方便と言うことわざがあります。
 心が病んでいる人達に大変ですねと言うよりも、大丈夫、何とかなるからと言われた方が心は楽になるはずです。軽率という意識の中で上手く繕えたら、そして他人を傷つける事がなかったら、軽率であっても良いのかもしれません。
 楽しく社会生活を送るには、上手に軽率な行動をとってみてはいかがでしょうか。決して軽率がいけない訳ではありません。

PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]