忍者ブログ

 世界には大変優れた文明が幾つもありますよね。
 インカ文明、マヤ文明なども有名ですし、エジプト文明が最もポピュラーですよね。でもこのエジプト文明、五千年もの間、王様が何度も入れ替わっているんですね。逆に言い換えたなら五千年間、常に戦いの日々だったのかもしれませんね。
 戦いと裏切り。それもみな名誉や権力を手にする為、そして最も最大の理由は食べ物でしょう。砂漠の中の文明、ナイル川が氾濫する事で農地が潤って農業出来たけど。でもそれだけではとても足りなかった様ですね。だって人も沢山居たし、戦う為の戦士は農業しないでしょ。
 強奪と戦い。そしてその為、武器を作ったんですね。
 それと比べて、日本の縄文時代の五千年間。この五千年間、さほど変化はなかったんですね。この時代、生活向上する訳でもなく、五千年以上も同じ暮らしをしてきたんです。余りにも能力の無さにがっかりする人もいるかもしれませんが。
 でも実は、エジプトの様になる必要が全く無かったんです。なぜなら山や野に泉があり、森や林には野山の動物達、兎や狸、熊や狐が沢山居たし、山野草、山菜も沢山あったし。
 マタタビ、ゼンマイ、栗、ブドウ、クルミ。野生の物が沢山あって、海や川には魚、海老、蟹、そして米作り、稲作。イナゴやザザ虫、蜂の子。こんなに食べ物が豊富だったんです。
 
 「大和」大きな和。大きな和み(なごみ)。和とは、木に実がなると禾偏(のぎへん)になり、穀物を表します。それが口に入る「大和」満たされた心、満たされた生活、満たされた環境。人間同士争う必要もなく、名誉や地位も必要なかった、平和そのものだったんです。
 だから日本人は、あえて文明を進めなかったんです。その方が良かったんでしょうね。平和だった縄文時代、一万年以上も続いたこの時代、もう一度そんな日本になれたらと思います。
 

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]