忍者ブログ

 この地球で暮らす私達人間も、長い歳月の中、その地域によって最も暮らしやすく、都合の良い状態へと導かれてきました。
 そして、恐竜時代に草食恐竜から肉食恐竜が現れたように、その条件の中で暮らす為に進化しながら、生き続けてきたのです。また、人間も同じように生活の場や食べ物を変えていったのです。それは当たり前の現象であり、当然の事なのです。
 しかし今、この地球で暮らす私達人間は、お互いの距離が短くなり、諸外国へ飛行機で短時間で移動出来るようになり、国際的にも大きな交わりを持つようになりました。食生活も医学も進み、世界間での区別がなくなります。
 日本でもフランス料理やイタリヤ料理、中華料理も手軽に食べられるようになりました。とても素晴らしい事なのですが、ここで一つ大きな問題が起こり始めるのです。ある日の事ですが、外国のお土産という事でチョコレートを貰いました。
 しかしそのチョコレートはとても甘すぎて、美味しいとは感じませんでした。子どもの頃初めてクリスマスケーキを食べた時、気持ち悪くなった事を思い出しました。生まれて初めてフランス料理を食べた時、なぜか口に合わなくて美味しいとは感じませんでした。それよりも、家に帰って母ちゃんの漬物でご飯が食べたくなった事を今でも鮮明に覚えています。
 レストランで初めてステーキを食べた時もそうでした。途中で気持ち悪くなって最後まで食べられずに残してしまったものです。また、食後のデザートに小さなケーキが出てくるのですが、これが異常に甘かった事を思い出します。最近日本人の好みに合わせて甘さは抑えられてきましたが、それでもまだ甘い方が多いんです。
 ではなぜ、外国のお土産やデザートはこんなに甘いんでしょうか?私達日本人は食事の時にお米を食べています。それは炭水化物であり、お腹の中ででんぷんに変わり、やがて糖分となって一日のエネルギーになるのです。当然ご飯を食べてると、それはやがて砂糖と同じ様に糖分となりますから、血糖値が上がってお腹と脳が満腹感を感じます。ですから「あ~食った食った~」と満足するのです。
 そして食後は一杯のお茶と、しょっぱい漬物が好まれるのです。日頃、近所の人達が集まってお茶飲みをする時も、やはり主流は漬物です。日本人は甘い物はあまり好まないはずなのですが、最近はケーキのバイキングなども人気になっています。
 糖尿病の人はご飯をあまり食べない方がいいが、お肉は食べてもいいよと言われるそうです。そこで気付くのです。お肉を食べてもすぐには、でんぷんや糖分には変わりません。私達人間が満腹感を感じるには、血糖値が上がり、脳がもうお腹が一杯だよ、と教えてくれる事なんです。ですから、お肉だけではそうはいかないのです。
 そこで脳を満足させる為には、甘いものを直接摂る必要があるのです。お肉を食べる人達は、食後のデザートに甘い物を食べてお腹も脳も満腹になるようにと、食後のスタイルが築き上げられていったのです。ここで言える事は、ご飯(米)を食べている人達に甘い物は、必要ないという事になります。
 この事をよく理解しないと、大変な過ちを犯している事に気付かないんです。それぞれの国の文化や生活は、長い歳月の中で築き上げたもので、日本人には日本人の為の食事があるという事なのです。だから日本人は、食後にデザートを食べてはいけないのです。
 でも、疲れた時やおやつなどに甘い物を少し摂るのは、大変結構な事だと思います。
  *抹茶を点てて頂く時は、甘いお菓子が出てきます。
   これはやはり、満足感を与える為の工程として、とても理にかなっているのです。
  *コーヒーにケーキ
   食事と食事の間に摂るのはいいのですが、食後すぐにはかえって太る原因になります。
 人間には肉食と草食があり、私達日本人は草食人間であるという事です。
 日本食をもう一度、見直してみませんか?

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]