忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前にも述べましたが、次元的観念は人間という生命体の中にしか存在しません。それ以外の生命体は、三次元という与えられた次元の中で精一杯毎日を過ごし、時間という時の流れの中で生きています。
 成長と老化、死とサイクル、色々な関係の中で、情報とエネルギーが物質化し現実を迎え、そこに時間的作用と、成長と流れの中で今を生きているのです。
 しかし人間という高度な生命体にとっては、そういった現象だけではなく、もっと未知的な意識や思いの中から想像性は豊かに成り、現実だけではなく雄大な仮想空間を作り上げてきます。その雄大な仮想空間の中で、最も一般化した理論が、次元という観念であります。
 あくまでそこは誰も行った事のない究極的なスペースであり、想像の中から脱出する事は、未だ不可能と言えるでしょう。臨死体験をした人達が、多くの事を語ってくれますが、それもまだ確定的なものではありません。しかしながら私達人間が、そういった想像性を元に意識という世界を確立していくならば、次元というそういった観念を、逆にそこに用いることによって、大変素晴らしい高意識的な観念が生まれてくるならば、それは決して侮れない行為と言えるでしょう。
 そんな観念の中から、この三次元というものをもう一回、再意識してみましょう。そうすると次元的な観念の中で、正次元とか、負次元とか、ゼロ次元とか、縦次元、横次元、考え出したらきりがない程、多くの次元が存在してきます。三次元以上の次元がどこまであっても、それは決して否定する事も肯定する事も意味の無い世界と成っていきます。そしてこういった意識の中で、三次元をもう少し深く考えてみると、大きく丸く包む一番外側の次元が三次元であり、その中に正と負の次元が存在し、その三番目にも三次元が存在します。
 要するに意識的な観念の中では、三つの三次元が存在し、その全ての三次元が、ゼロ次元に接しているのです。こういった観念に次元を置き換えてみると、少し分かり易く成ってきます。
 私達の内側にある多次元空間が三次元に包まれているならば、非常によく辻褄が合ってくるのです。そしてエネルギー依存の法則から見ても、こういった考え方に変えたならば何の問題も起こってきません。
 要するに、次元的観念には、その法則を満たす為の情報とエネルギーが必要であり、その情報とエネルギーの発生源である三次元的な物質におけるエネルギー的な観念が、上手く融合出来るその為には、やはり三つの三次元が必要となるのです。
 エネルギーを満たす為の三次元、要するに全ての次元が三次元のエネルギーに依存しているならば、その三次元が、それらの次元を全て包み込む様に存在するべきではないでしょうか。しかしその内側に入ってしまったならば、現実的な事と非現実的な意識を次元的に解釈していく為には、その内側における私達がいつも持っている、その平凡的な三次元の在り方が必然的に生まれてきます。
 しかし、もう一つの非物質的な観念から見たら、そちら側にも三次元が存在してこないと、対比的な考えが、要するに、バランスが上手く整ってこないのです。
 だからこそ、内側にも三次元が二つ存在し、そして三つの三次元が、上手く融合し合う事によって、多くの次元が生まれてきて、エネルギー的に満たされ、高い次元へと意識を変換させていく事は、その三つの次元を上手く使う事により可能となっていくのではないでしょうか。逆に言ったならば、三つの次元が、上手く融合し合う三次元である事が、多次元的な観念も生み出し、高次元的な考え方も決して不可能ではない意識の中に、存在を認める事が出来るのです。
 未知の世界ではなく、確実に存在する、その為にはその絶対的な条件は、内側に存在する次元的な発想でなければなりません。
 だから今、騒がれる様な、高い意識の中へ、それを求め様とする考えは、大変素晴らしい方向へ自分を導く、一つの大きな入り口ではないでしょうか。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]