忍者ブログ

 この日本という国も大変素晴らしく繁栄し、世界一豊かな国といってもおかしくないでしょう。長い歴史の中でこんなにまで繁栄してきたこの日本という国も、今大きな転換期を迎えようとしています。
 なぜならば、資本主義社会のその仕組みが変わろうとしています。需要と供給のバランスが崩れ、デフレに陥った社会は、物が安くなければ売れないという逆回転の中で、経済は非常に落ち込み、未来は中々見えにくいものになっています。
 大手企業は日本から離れ、外国にその拠点を移し繁栄を遂げようとしていますが、この日本という国に残り、この国の中で生活していかなければいけない人々も沢山居るのです。
 人件費が高くなった日本で物を作るより、人件費の安い国に行き物を作った方が、安く売る事が出来ます。今から2,30年前よりも、色んな商品が安くなりました。
 経済が発展していった中で安い商品が、しかも沢山の量が売られる様になってきたのです。例えばパソコン一台例にとってみても、20年前と比べ値段は十分の一まで下がっています。しかも性能はもの凄く上がっているのです。
 これは何を意味しているのかと当たり前の事ですが、日本で作っていないからこそ生まれてくる現象なのです。人件費の高い日本人は、企業としては成り立ちません。こういった経済の仕組みが少しずつ変わっていく中で私達日本人は、これから何をしたらいいのでしょうか。
 今この様な状態で、外国で作られた商品、もちろん食品や、それに付随した様な物も含め、それを買い続けたならば、日本の中にあるお金が、沢山海外に出て行ってしまい、日本は貧乏国家になってしまうかもしれません。今そんな危険の中で私達は、より安い物を求め日常生活を営んでいるのですが、これではやはり経済は、行き詰まりを見せてしまう事になります。
 今日本人に求められている物は、日本からお金が世界に出て行かない、その為には日本人が作り、日本の材料で作り、そして日本人が買う、これが出来れば日本から海外にお金は出て行きません。少し値段が高くても、日本の物を日本人が買う、今までの日本の成長は、日本で作った物を海外の人が買ってくれた為に、日本の経済が発展し、日本に沢山のお金が集まってきたのですが、今はそれもお伽話の様になってしまっています。
 そしてこういった社会現象の中で、大学を卒業しても就職がないとか、給料がとても安いとか、そういった不満が沢山起こっているのではないでしょうか。もう、経済の仕組みは、海外にシフトしてしまったのです。
 でも日本というこの素晴らしい国は、決してそんな事で衰えたりする事はありません。日本から海外に輸出する物が、まだまだ沢山あるのです。特に日本の農業は、世界一の技術を持っています。機械化とか、大量生産においてはアメリカには勝つ事はありませんが、品質とか見た目のきれいさといった点では、世界一の技術を持っているのが、日本のフルーツです。
 日本は、これからフルーツ王国として、この優れた能力や技術を海外に持ち出さず、日本国内で美味しい果物を作り全世界に輸出する、そんな事が出来たならば、とても豊かになる可能性は多く含んでいるのです。
 いよいよ日本は、農業王国として世界に名を轟かせる程の国と成るでしょう。この技術がある限り、又日本の立地条件も、四季がこの様に明快にあり、そして又、寒暖の差や、標高差、こういった環境からとても素晴らしい果物が作られてきます。この技術がある限り、そしてこれを上手く利用する事により、まだまだ発展する可能性があります。
 経済の仕組みが、材料を輸入し加工して海外に販売する、そういった事から日本の大地を利用し、日本の特性を生かし、全てを日本で生産した、そういった商品を海外に売り出す、まだまだ日本は、素晴らしい大地を持っているのです。多少汚染されたとしても、それもさほど大きな問題ではなく、そんなに沢山の時間をかけずに、良い方向へと導かれると思います。
 そういった、少しでも希望に満ちた現実がある事を忘れてはいけません。
 日本は、世界一素晴らしい大地に恵まれているのです。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]