忍者ブログ

 子供の頃、家の東側を電車が走っていました。中学校の頃は、その二両編成の電車に乗り通学していました。川の向こうには、煙を吐いて蒸気機関車が走っていて、それを追いかける様に電車に乗った記憶があります。それも随分前の事ですが、今その電車はもう走っていません。百軒を超える結構大きな村でしたが、今はもう半分近くに減り、子供達の遊ぶ声も聞こえなくなりました。
 沢山の人が大都会を目指し、東京や大阪の人口は、急激に増え過疎化がどんどん進んできました。春になると川の両岸は、菜の花に覆われ雲雀(ひばり)がうるさくさえずっていたのを覚えています。しかしその河川敷は、もう菜の花を見る事はありません。よしが生い茂り、農業をしなくなった河川敷は、自然に還っていきました。決して悪い事ではないのですが、村にはお爺ちゃんやお婆ちゃんが、ゆっくり暮らしています。
 もう沢山の農業をしなくても自分達が、楽しむ様なそんな中で、意外と心豊かに生活しているのかもしれません。しかし大都市集中型に成ってしまった現代の日本では、田舎と都会の差が非常に大きく現れ、何か人間の心すら荒んでいってしまった様なそんな気がします。大都市に慣れた人々は、お米の花が何色かも知りません。もっとひどいのは、じゃがいもが花を咲かせる事さえも知らない人がいます。
 こんな風に大都市に生きる人達は、自然から遠ざかり、人間が作り上げたそういった場の提供の中から、毎日を生き続けているのです。そういった環境の中で子供達も育ち、食べる事、働く事、遊ぶ事、それも全て大都市で満たされ、時々自然に触れては、又都会に帰る、窓から見える夜景は楽しいものかもしれませんが、それは人間が作り出した光によって夜空を照らしているに過ぎません。
 それに慣れてしまった人達が、今心の叫びを感じています。少しずつではありますが、自然に還ろうと、そういった意識が生まれてきているのです。確かに、豊かさと便利さの中で大都会は繁栄してきましたが、人々の心の豊かさまでは満たす事は出来なかったのです。
 やはり人間は、自然の中で生まれ、自然の中で過ごし、自然の中で生きる事が一番望ましい事なのかもしれません。今、過疎化した農地は、大変多く余っています。休耕田や、農作業をしなくなった不耕期農地が増え続け、百年以上も前のそんな時代に戻っていったのかもしれません。自然が沢山出来てきた事は、素晴らしい事かもしれませんが、その大都市に生きる人達は、作物がどの様に出来てくるのかそんな事を考えずに、食べ物はお店にいけばあるものだという、そんな意識に成ってしまいました。
 自分で作ろうとするそういった考え方は、随分遠ざかってきたのですが、最近になって田舎に生活圏を移そうとする人達が、大変多く現れてきました。やはり自然の中で、そして自然を満喫しながら生きられたならば、大変幸せな事ではないでしょうか。生活する為の農業は、大変厳しいものがありますが、自分が食べる為の農業は、大変楽しい時間の過ごし方に成ってきました。
 大都市型がいよいよ崩れ始め、人々は、自然へと還っていきます。なぜならば空洞化された大都市、働き口の無い大都市、そんな時代がもう始まっているのです。
 お金が無ければ何も出来ない大都市、でも田舎に行けば、わずかなお金で有意義な生活が出来るのです。今一番豊かな社会生活を営んでいる人達は、兼業農家をなさっている方と言われています。食べる物は自分で作り、ゆとりの中で給料を貰い、土日は農作業、自然との触れ合い、緑の豊かな大地で心を休め、そんなに多くのお金が無くても有意義に過ごせる時間が、そこには在るのです。
 森の中を散歩したり、山菜を採りに行ったり、畑の草取りをする事が、逆に娯楽の意識の中で楽しい時間を作り上げてくるのです。
 自然に触れる事が心をどんなに豊かにしてくれるのか、その事が多くの人に解り始めてきました。
 農業をする楽しさを、味わってみてはいかがでしょうか。
 自分で作ったとうもろこしがどんな味なのか、一度、経験してみてはいかがでしょうか。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]