忍者ブログ

 確かに今、異常気象というよりも、何か大きな異変が起こる様な気がします。
 氷河期に向かっていく、そんな中で太陽が大きく変化しながら、地球環境は大きく変わっていくのかもしれません。大きな地震がこれから何度も起こるかもしれませんが、今までそういった異変の中で人類が滅亡してきたというそういう事実はなかったのかもしれませんが、しかし文明が途切れ途切れになっている以上、どこかで滅亡の危機を迎えていた事も事実なのでしょう。
 今の科学がこの地球上で、一番進んでいる科学ではありません。日本においてはあの奈良時代に何が起こったのか、またそれ以前にも今より進んだ科学があったといわれていますが、なぜそれが絶えていったのでしょうか。その昔も核戦争の様な大事件が起こった、そんな証拠となる珪素がグリーン化した、そんな石を見る事があります。
 明らかにその証拠だというわけにはいきませんが、可能性は大きく秘めています。人間達は大いなる過ちに気付いた時、今までは凄い勇気の元で原点返りをしました。要するに全ての化学を捨て、自然に戻って行ったのです。そして自然界の中に存在する物質を使いながら、要するにそれをそのまま使い生活の糧としていったのです。その一部が残っているのが、石器であり土器なのです。
 その様な形で、環境の中で生き続けたならば、この地球の変化にただついていくだけで、それだけで良かったのです。大異変がこれから起ころうとする中で、私達は今それが、可能な時代に入っている事も分かるのですが、その大異変に便乗した科学的な間違いの存在が、そこに巧妙に絡んできた時、今回の様に地震だけなら、津波だけならまだしも、原子力発電所の事故が、今私達を苦しめる最大なる現実がここに在ります。
 当時の人達はこういった間違いを防ぐ為に、原点返りし科学を捨てていったのです。この地球は常に動いていてこういった大きな環境変化が、何度も繰り返されながら存在していたのです。
 千年に一度といっても逆に言ったならば、必ず起こるといった事を意味しています。それなのに憶測の下でそれを甘く見ていたのです。
 今これから来る大異変に備えたとするならば、そういった科学的な間違いを正し、自然界の法則に則りながら、その日を待つのが一番好ましいと思われます。
 今回起こったこの事故の結果を観察する上で、一番この結果に関係してくる生命体が鳥なのです。草花の実には、根や葉から吸収した栄養分が集中して集まってきます。日本中にばらまかれた放射性物質は、植物達により種子に運ばれ、それを食べる鳥達に大きな影響が現れてくる事でしょう。もし今回の関係の中に、危機的な要素を含んでいるとするならば、真っ先にその異変を形に表してくるのが鳥達だと思われます。
 もし鳥が激減したり、奇形が生まれてきたならば、やがてそれは人間が現実のものとする、その現象を見る事となるのです。これからは少し鳥に注目しながら、環境問題を見ていったらいかがでしょうか。先に教えてもらえるはずです。
 そしてこういった間違いを二度と起こさない為にも、大異変が起こる前の備えとして、間違った科学を一日でも早く修正する必要があるのです。取り返しのつかないそういう事故が起こらない様に、今から準備していかなければいけません。しかし今この現実の中で、私達が生き様とするならば、そのテーマに沿った環境の整備が必要となります。
 しかしそれは上手くいくものではありません。だからこそ生きる場のそのステージを自分達で作らなければいけないのです。
安全である事の条件と、生きる為の法則はさほど難しくなく、植物や鉱物や微生物によって守られていく事でしょう。そういった聖地を早くに開拓し、そこで生きる法則を学ばなければなりません。
 気付いた人から、準備に入ってみてはいかがでしょうか。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]