忍者ブログ

 人間が生きていく為には、必ずそこには2人以上の人間が存在しています。
 今社会生活の中で私達は、沢山の人々と触れ合いながら情報を交換したり、そしてお互いを知り合ったり、この社会生活の中では色々なルールが有り、そして経済がそこに伴い今私達は生き続けています。
 飽食の時代と言われる今、食べ物は本当に沢山あちこちに散乱し経済も発展した為、何が美味しいのか今日何を食べたいのか、そんな事すら分からなくなってきているのです。少し前ならば、お寿司が食べたいとかケーキが食べたいとか、高価な食材や食べ物に対しては大変興味があったものですが、やはり経済の安定と共に高価な食品というイメージがどんどん薄れていってしまっているのも、仕方ない現象なのかもしれません。
 こんなに満たされた生活の中で私達は何の不満もなく、そして何の不安もなく生きている様に見えますが、一人ひとり色々な話をすると、意外と沢山の人が不安を抱えながら生きている事に気付かされます。他人からしてみたら何だそんな事と、言われる程小さな事であっても本人にとっては、大変大きな出来事に成っているのです。
 何故そんな不安を感じながら、しかもその不安を隠しながら、人々は生き続けているのでしょうか。話してしまったら楽になるのに、後生大事にしまっているのです。ほんのちょっと扉を開けてそれを外に出すだけで、すぐに解決出来る問題が沢山有るのに、そんな事をしていたらそんな事を言ったら人がどう思うのかという、相手が出すはずの答えを勝手に自分が作りそして不安に感じる為、逆にその意識が閉じこもってしまう事に成るのです。
 駅に続く路地で浮浪者が寝ています。その傍を多くの人が通り過ぎて行きます。浮浪者は恥ずかしさとかみすぼらしさとかそんな事を感じたならばそこには居られませんが、堂々とそこで寝ているのです。通りすがった人達も別に何の問題もなく、その人に対して軽蔑したり馬鹿にしたりする様な意識は持つ事は有りません。これが人間関係の中に今、有る1つの面白い出来事なのかもしれません。
 しかしここでもう一歩進んでその現象を考えて見ましょう。何故その浮浪者は人通りの多いそんな所を選んだのでしょうか。誰も居ない所で人目にさらされる事もなく又寒さもしのげゆっくり寝られる場所が、他にも沢山有ります。しかし人通りの多い明るい駅の構内を選んで、毛布に包まりながらそこに居る理由はもっと深い意味が有ると、考えた方が良いのではないでしょうか。
 何故そこを選んだのかその1つの大きな原因は、安全性なのかもしれません。そしてもう1つの理由は、人が意味もなく通りすがるだけで寂しさから逃れる、そんな現象も有るのかもしれません。そんな風に考えてくると、彼らが駅の構内を選んだ理由が少しだけ人間臭く思え、なんかあったかみを感じる事も有るのです。
 究極に心の不安が自分の意識を支配し始めた時、人の心は大変美しく有り難いものです。たった一言が人の心を変える、そんな出来事も頻繁に起こっているのではないでしょうか。誰もが小さな不安の中でそれを隠しながら生きているのですが、たった一言で救われる、そんな事もよく有るのです。
 人間達は、多くの言葉を神様から頂きました。もっと声を掛け合って色々な事を話したら、沢山の答えがそこから生まれてくる様な気がします。
 隠そうとせずそれを上手く置き換える事が出来たならば、要するに自分事であっても他人事の様に話してみたらいかがですか。そうすると、自分の事であってもそこを上手く隠す事により、沢山の答えが生まれてくる可能性は有るのです。
 正直でなくても良いのです。
 上手く繕う事も、大切な出来事なのです。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]