忍者ブログ

 社会生活の中で、沢山の人と出会い、又沢山の人と別れを迎えてきます。それも悲しい別れであったり、楽しい別れであったり、未来へ向かう為の必要的な一歩であるのかもしれません。
 ある時、子犬を一匹貰ってきました。母親から引き離されたその子犬は、すごくさびしがり屋で、傍から離れようとしません。本能的に分かるのでしょう。母親は、一晩鳴き続けたと聞いています。
 子犬はいつの間にか成長し、大きくなったのですが、未だに傍を離れようとしません。これを忠犬ハチ公の様に忠誠心だと人は伝えていますが、実はそんな大それた事ではないのです。
 要するに犬は、大変さびしがり屋なのです。誰かが傍に居てくれないと、要するに人間に飼われた事のある犬達は、人間と居る事が自分にとって一番望ましい行為と、遺伝子に記憶を持っているのです。
 だから人間を恋しく思い、そしてその傍から離れようとしないのです。長い時間、離れて帰っていくと、尻尾を大きく振り、クンクン鳴きながら身体をすり寄せて来ます。
 こんな様に犬はあからさまにやって来ますが、これを人間に置き換えた時、例えばマザコンという言葉がありますが、似た様な現象なのかもしれません。
 そして人々も多くの別れと、多くの出会いの中で遺伝子における、強烈な寂しさを上手く補う為に繕いながら生きているのです。
 そんな人間の行為や特性を上手く利用しようとして、そこに詐欺的な存在が生まれてくるのも、仕方ない事なのかもしれません。要するにお互いの心を隠す為に、騙し合いが始まってくるのですが、この騙し合いが自分でも気付かない内に、それが日常生活の中に上手く関与し、要するに自己暗示にかける様に、自分のしている事が常に正しく理解され、自己中心型な人間が生まれ、子犬の淋しかった時の記憶を持った人々を洗脳していくのです。
 しかしその実態が、そうしようとした本人のあの子犬と同じ様な、究極の淋しさを隠す為に行う行為である事に、気付く事はないのです。そういった形になってしまうと、一人で自分を判断する事が出来なくなります。誰かの行為に自分の考え方を委ねたり、お世辞を本気に捉えたり、上手くあやされてる自分がそこにある事に、気付かなくなってしまうのです。
 裸の王様の始まりです。何か上手く操られ、自分が非常に重要な人物であり、あたかも自分が居なければ、何も始まらない程の、そういった感覚に陥るのです。
 要するに自分が気付かない内に、自分の墓穴を掘っている事になります。終わってしまうとそこにはもう誰も居なくて、孤独な自分がただそこに居るだけですが、しばらくの間は取り巻き達は、少しだけそこで何らかの利益を得ようとしています。しかし利益が得られないと、それに気付いたならば、少しずつそういった人達は去っていくのです。
 猿の集団が居て、一匹のボスザルが沢山のメスザルを従えています。凄みがあってとてもかっこよく守ってくれているというそういう安心感が、一つの群れを秩序のあるものにしてくれています。
 しかしながら歳月が経ち体力も衰えてくると、その立場を狙おうとする若い青年ザルが、そのボスに戦いを仕掛けてきます。そして、戦いに敗れたボスは静かに群れを去るのですが、それはさほど大した問題ではないのですが、今までそのボスザルに忠誠心を誓っていたメスザル達が、新しいボスザルに一気に翻り忠誠心を誓ってしまうのです。
 敗れたボスザルの後を追うメスザルは、一匹もいないのです。人間社会においてもこの様な現象は沢山起こってきます。
 要するにボスになりきるからこそ、そういった優越感に立てるのですが、能力を失った時、非常に淋しい思いをするのも、ボスになってしまったからこそ起こる現象なのです。
 独裁的な欲の中でボスになると、必ず訪れる事がこういった現象なのです。今日まで忠誠を誓っていた仲間が、新しいボスが現れた途端に全く忠誠を誓わなくなる、これが自然界では当たり前の現象なのです。
 独裁的な立場に立つと敗れた時の孤独感は、非常に大きな悲しみと共に自分を駄目にしていく事でしょう。
 墓穴の理論の中に、こういった行為を上手くすり抜ける法則も存在しているのです。人をジャッジしない、人を傷つけない、そういった現象の中で上手く仲間を作り、要するに圧力かけずに上手く付き合う事が、これからは大切なのではないでしょうか。
 今一番、世の中で騒がれているのが、絆という言葉です。要するに人間関係を、出来るだけより良いものにしていく事が、安定した絆を維持する為にとても必要な事なのです。自分を有利に立たせようとすると、必ず絆は壊れます。
 今危機的な時を迎え、日本中が絆という言葉で統一されようとしています。
 とても素晴らしい事ではないでしょうか。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]