忍者ブログ

 そこには、二人の人が居ました。ある人がその二人の人に、一つの商品を持ち出し、その商品を説明するのです。一人の人は、あっその商品とても素晴らしいので、私はそれを購入しますと伝え手にする事になるのです。もう一人の人は、私は今回はそれはいらないわと言い、その商品を購入するのをやめるのです。そういった事がよくあります。
 これは一つの例に過ぎないのですが、自分が購入した商品は非常に愛着を持ち、自分が納得しているわけですから、日常生活の一環の中で楽しく使いこなしているのですが、このもう一人の買わなかった人が、なぜ買わなかったのかという、自分における買わなかった事への自分を納得させる理論が必要となる事があります。
 この時に例えば、お金が無くて欲しかったのですが買えなかった場合、素直に本当は欲しかったのですが、お金が無かったから今回は我慢したの、買ったあなたが羨ましいわと思ったならば、とても素直で素晴らしい人ですが、それを隠そうとして、単なる虚栄心そのプライドがその人を変えようとする、その時、買わなかった事への正当性を、自分以外の理由付けを、自分の中で作り出します。
 最も卑劣なのが、説明した人の事を嫌いだったから、こんな人に儲けさせたくなかったから、又商品の欠点やあらを探し、こんなうさん臭い商品は使いたくない。私は騙されなくて良かった。こんな風に自分の欠点を隠す為に相手を悪く言ったり、商品を悪く言ったり、こんな事がよくあります。
 買った人は、そういった悪口を言わないのですが、買わなかった人は、自分を正当化する為に必ず自分以外のものに敵を作り、そこに圧力をかける事により自分を正当化させます。そしてこれが複数の時には、自分と同じ考えを持つ賛同者を、そして同じ想いである事の確認作業をする事があります。
 要するに他人を巻き込んで、あなたも買わなかったんでしょと、買わなかった人を複数、自分の仲間に取り入れ、そして悪口談義をするのです。そういった行為の中で実は、自分の魂を傷つけ、自分を駄目にしている事に気が付かず、人のせいにし、自分が絶対正しいという形に置き換えてしまう、その時傷付いた魂は、修復する事が非常に難しいのです。
 又ある時、自分を正当化する為に、いつも自分の周りに取り巻きを置き、自分がどんなに間違っていても、何々さんそうでしょ?と、確認を求め自分の意見に従う人を周りに置くのです。そうする事により自分を安心させるという、そういった卑劣な考え方も又そういった事をしている人も多く居るのです。
 俗に太鼓持ちと言われる、そういった存在になってきます。その人を常に正しいとうやまわせる様に洗脳し、自分の周りに置くのです。そして自分を正当化し、納得し納得させ、社会秩序から遠ざかっていく自分に気が付く事もなく、大きな落とし穴に落ちていくのです。
 要するに自分が仕掛けた罠に、自分が落ちてしまうという結果をもたらすのです。社会生活の中で、何が正しく何が悪いのか、人それぞれ考え方が違っていて当たり前なのですが、自分の考えが常に正しいとそういった思い込みの中で、それを正当化するには、それに賛同するそういった人の存在が不可欠になってくるのです。
 今この社会において、スピリチュアル的な意識も、自分の周りに賛同者を置き多くの人間を騙すという、よくある行為が行われています。ここに引っかかってしまう人も、沢山居るのではないでしょうか。そしてその周りの人達を上手く管理しながら、自分が有利な立場に立ち支配している様にも見えるのですが、最終的にそれは、自分を駄目にしている、二度と立ち直れない様な魂の傷ではなく、魂の損失に当たる行為になってしまうのです。
 それを自分で気が付く事は、中々難しい事なのです。又そういった人達に、その事を教えてくれる人達もいません。だから死ぬまで気付かないのかもしれませんが、これは仕方ない事なのでしょう。
 魂だけは、善悪、事の起こりの真実を、どんな人間でもそういう素晴らしい魂を持っているのです。だからこそ本能や観念や自己思想とは違ったところに魂が存在し、魂だけは、善悪を完璧に見る事が出来る、だからこそこういった行為の中で魂だけが傷付くのです。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]