デルファンドラのメッセージ 神々の逆鱗に触れる(2012年7月に記載された文章です。) 忍者ブログ

 元々あったこの自然界は、この地球、大宇宙、人間達の科学や、人間達の力が及ぶところではなく、人間達そのものはその中で自然に生まれてきた、一つの生命体に過ぎないのかもしれません。
 しかし特殊に生きてきた人間達は、一つだけ大きな過ちを、それは大自然を乗り越えようとした事です。自然界の何も分からない人間達が、自然界の法則を無視して、この地球における環境破壊が限界を超え、その結果、神々の逆鱗に触れ、今私達全員が裁かれようとしています。
 結論は、そんなに遠くない時間で出てくると思います。地球で生きる権利を失う事は、間違いない結果と成るでしょう。自分達の科学により自然を破壊してきた自分達に、大きなつけが回ってきて、失ってみて始めて分かるのが、人間という愚かな生命体なのかもしれません。
 地球で生きる権利を失った我々は、その権利をどうしたら取り戻せるのでしょうか。狂った科学はどんどん進み、環境を破壊し続けるのは今も続いています。誰も止める事の出来ないそういった現実が、そこには在るのです。どんなに神々達が、大きな声を出しそれをしてはいけないと叫んでも、人間の耳には届きません。
 そして人間達が犯した罪は、自然破壊と共に、人間以外の生命体にも大きな危機を与えています。我々人間が、人間の力だけでこの地球で生きているわけではありません。全ての命に支えられ、今日ある事を忘れてしまっているのです。
 何万何億という命を食べ、その食べられた命の代表的存在でなければならない人間が、その命の事を考えず、自分の手で自分を駄目にしていくのです。確かに神々達は怒りまくっています。人間に、早く気付けと大きな声で叫んでも、そしてその声が聞こえて気付いた人が沢山居ても、その声を聞こうとしない僅かな人達のその彼らの欲望を満たす為に、この地球はどんどん悪い方向へと姿を変えてしまっているのです。
 神はもう、人間達を救う事は出来ません。人間達は、その神をも冒涜し、封印をかけてしまったのです。届かなくなった神々達の声は、その日が終わる事を望み始めています。早くその日が来る事を、望んでいるのかもしれません。しかしこういう結果をもたらしたその原因は、私達全員にあるのかもしれません。
 今この危機的な時を迎え、この地球での生きる権利を失った私達は、新しい未来を感じる事もなく、今の残された時間の中で、精一杯生きるしかないのですが、これから迎えようとしているしばらくの歳月の中で、私達は何を感じ、どう思うのでしょうか。
 もう何年もないそんな時間の中で、恐怖にそして不安の中で、毎日を過ごす様に成ります。時間があまり長くない程、逆に良いのかもしれません。しかし私達はその苦しみと同時に、しばらくの間、この地球で生きなければなりません。そして人間が、そのボタンに手をかけそのスイッチを押した時から、人類の滅亡が始まります。神々の逆鱗に触れた人々は、自ら自分達を滅亡へと、そのプログラムはもう発せられ、取り返しの付かないところにあるのかもしれません。
 2019年以降、想像してみて下さい。意識の高いレベルでそれからの未来を見た時、悲しい現実が、そこに存在しているそれを見る事があります。今ならまだ、間に合うのかもしれません。逆に言ったならば、間に合わせなければいけないのですが、人間の想念により封印された神々を、どう目覚めさせ、そしてその教えを素直に受け取る事が出来るならば、それは可能な事と言えるでしょう。出来るだけ早くそうしなければなりません。人間達は、何度も神々から警告を受けながら、それを無視し続けて来たのです。その結果、この現実が存在しています。
 まだ間に合う可能性はあるという事を、ここでは言いたいのです。早く気付いて下さい。
 そして、気付いた人から始めて下さい。
 自然との共存の中で、生かされる方法を見つける事が出来るとするならば、それは自然が教えてくれます。人間以外の生命体、特に植物や微生物達は、次なる浄化蘇生能力を、もうすでに見につけています。人間だけがその準備を怠っているのです。
 彼らから学ぶ事です。そこにまだ、未来は存在しています。

PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
4
5 11
12 14 15 16 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]