忍者ブログ

 日常生活の中で、常に多くの人と接して生きています。二人以上の人が集まると、色んな会話が始まります。意見の食い違いは必ずといって良い程、良く起こります。それは当たり前の現象で、決して悪い事ではありません。
 その意見の食い違いに参加せず、良い人を装い自分をかばってしまう、要するに小さな嘘からそれは始まります。本当は優しい出来事でも現実に合わなければ、そこには穢れ(けがれ)が発生します。その些細な積み重ねが、大きな穢れとなっていきます。それは悪ではなく、自分の心を曇らせていく汚れの様なものです。
 心にもない事を言ってしまったり、本当は悔しいのに我慢したり、言いたくても言えなかったり、どこにでもありそうな事から、自己洗脳における真実の定義が、一般理論からはずれ独創的となっていない時、そこにも穢れが発生します。思いやりの精神の中に許してあげなさいとか、寛大な心で接しなさいとか、愛で包んであげなさいとか、現実を甘く見た許しの精神は、この日本にはあまり必要のない出来事と思います。
 自分が正しくても御免なさいと謝り、お節介な出来事に感謝しますと心にもない事を言う、有り難くなくてもありがとうと言う、こんな馬鹿げた世界がこの日本の中にもあるのです。迷惑な事に対して、迷惑と言える勇気が必要です。欲しくないものは、いらないと言う勇気が必要です。曖昧な心は穢れを助長させる事になってしまいます。
 未来の地球は乱れる心を知らない人々が暮らせる様、今からその準備が必要です。その為には心の穢れを、どこかで清算しなければなりません。生きてくるといつの間にか、心に大きな垢が溜まります。誰もがどんなに注意をしていても、避ける事は出来ません。社会はお互いの助け合いが必要です。言いたい事を言っては、何も上手くいきません。我慢の連続が心の穢れとなり自分を傷つけたとしても、相手の心を思いやる事により相手の心の垢は少なくする事が出来たとしたならば、それはそれで良いのです。
 その事により相手の心が豊かになり自分の心が和んだならば、自分の心の垢は軽減出来るのです。自然界の一員として全ての命に上手く寄与する事により、心の垢は洗われ穢れも落ちて行くのです。植物達は、人の心と上手く融合し合っています。綺麗な花を見て心が和む様に、穢れも軽くなっていきます。森の緑は安らぎを与えてくれます。言葉の無い世界にこの様な、素晴らしい現実がある事を感謝したいと思います。
 乱れた心を癒してくれる鳥のさえずりも、小川のせせらぎも、私達にとって優し過ぎるくらい有り難く思います。この大自然を大切にしなくて心の穢れが綺麗になる事は、大変難しく思います。
 やはり人間にとって、自然はなくてはならないものです。どんなに傷付いていても癒してくれる自然は、当たり前すぎてあまり感謝しないで来てしまったのではないでしょうか。最近家で、ペットを飼っている人が多くなったそうです。人間と違いペットは嘘をつきません。心の動きを体全体で上手く表現し、心を和ませてくれます。人間はなんて恵まれた存在なのでしょうか。
 もう一度周りを見直し、心を洗濯してみてはいかがでしょうか。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]