忍者ブログ

 車の免許を持っている方がいらっしゃると思いますが、教習所に行って練習をするのは人間であり車ではありません。
 要するに車を運転しているのは人間であり、事故を起こすのも運転手であり、暴走するのも車を傷つけるのも、全て運転手の操作ミスや感情における現象なのです。車は何も悪い事をしないし、車は身勝手な行動もしません。全て運転手がその運転手の考えの元で行う行為なのです。
 そして車がボロボロになったら、修理したり買い換えたりします。車から降りる事が出来るから、修理に出したり新しい車に乗り換えたりする事が出来るのですが、もし一度買った車からそして一度乗ってしまった車から二度と降りる事が出来なかったとしたならば、皆さんはどう思いますか。
 一生乗り続けるならとても大切にして、暴走させたり悪路を走らせたり傷つけたりしない様に、丁寧に乗るのではないでしょうか。
 しかし車だから、降りる事が出来るからこんな現象が起きるのではないでしょうか。
 そしてその車を人間の体と置き換えてみましょう。人間の体が車で、その人間の体を運転しているのが霊体としましょう。霊体がこの人間に入り込みその人間を上手く操縦してくれるなら良いのですが、下手な運転手も大変多いのではないでしょうか。
 車の免許を取る時は教習所に通います。
 そして免許を取得します。
 人間という車に乗る時に霊体は本来ならば、教習所に行って乗り方を教わってこなければいけないのに、生まれた時から乗り込みそして死ぬまで乗り続け、降りる事が出来ないのではなく降りようともしないで人間という車を乗り続けるのです。
 そして霊体が望む欲の世界、暴飲や暴食、夜中まで遊びまくるそんな現象を平気で行っているのではないでしょうか。中には勝手にそれを傷つけ、死まで追いやってしまう様な現象もあります。
 こんな世界では人間という肉体が、余りにも可哀相過ぎるのではないでしょうか。
 やはりここで必要なのは、運転を上手に覚えてもらう為の教習所だと思います。霊体教習所、そんなものがあれば非常に面白いのではないでしょうか。
 下手な宗教団体で依存の法則を学ぶよりも、霊体教習所で霊体の在り方を学び、肉体の操縦方法を学びそしてこの社会で生き続けていったならば、トラブルは最小限で済むのではないでしょうか。
 今霊体教習所という形で霊体教育を行っているセミナーは、さほど見かける事はありません。それに近い様な事をやってはいるのですが、肉体の操縦を上手くなる様に教えているそういった所がないのです。
 やはりそこが大きな間違いではないでしょうか。
 私達がこの社会で生きていく為には、霊的現象は避けて通る事が出来ません。その霊体のレベルを上げ肉体との共有の中で社会を生き抜く事が、今非常に大事な事と思います。
 霊体教習所を2泊3日のコースで、いつか開こうと思っています。3日もあれば十分それは可能なのです。毎日通いなさいとか功徳を積みなさいとか、そんな事はしません。
 本来の霊体の在り方と肉体との関係を明確にし、どう操縦するか理論的にそれを考え意識を統一し、操縦方法を大宇宙の法則に則り、その教習を行うだけで良いのです。
 霊体教習所は法則の中に存在します。
 そして自然の中に存在します。 そんなに多くを語らなくても、肉体と霊体の関係の中に本能と言うプログラムが存在します。この本能のプログラムに添った形でそこを捉えたならば、解決に時間のかかる様な事にはなりません。
 そしてその前段階として、魂のレベルを5段階上げるというセミナーも行っております。
 よろしかったら参加してみませんか。
 過去の清算と完全コピー、メモリーの拡張、究極の想像性、感性の研ぎ澄まし、そういった現象の中から行う行為の面白さを、経験してみてはいかがでしょうか。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]