忍者ブログ

三次元に生きる私達は、意識的な現象のエネルギー源として、物質という存在をさけて通るわけにはいきません。
高次元が、高エネルギー帯であるという、そういった考え方は、実際には存在しないのです。
やはり物質社会における、三次元界が、この次元間における、最大なるエネルギー帯であることは、紛れもない現実なのです。
なにかよく、高次元に行けば、そこが高い意識で、そして高いエネルギーに包まれているかのように、勘違いしている人が多いのですが、この三次元の物質化社会以上に、高エネルギーの世界は存在しないのです。
意識的な現象は、やはり物質のエネルギーに依存している以上、すべての次元は、三次元のエネルギーに依存し、存在しているのです。
そして高次元界は、私達人間の中にも存在します。
高い次元がどこにあるのか、三次元の外側に、四次元や五次元があるように思われますが、決してそのように、はっきり区別できるものではないのです。
私達人間の中にも、多くの次元が存在します。三次元の肉体と、それをこえる意識の世界は、確かに六次元であったり、もっと高い次元なのかもしれませんが、しかしそれらにおける、意識の現象を、何らかの形で発生させようとしたならば、必ずそこには、エネルギーが必要となるのです。
ここでは一つ、脳と心の関係を考えて見ましょう。心という意識は、肉体の持つ、五臓六腑といわれる、臓器に非常に大きく関与します。
そしてその臓器から得るエネルギーと、意識という脳から送り込まれた情報により、うまくコントロールされながら、あらゆる細胞が持つ、物質的エネルギーと融合しあいながら、その存在と、反映は、そういった物質と反物質における、エネルギー交代の中で起こる現象の一つなのです。
いわば、心というものを、有効的に、また法則的に、それを管理しているのは、脳という意識の中における、未知的な次元の中にある、そういった存在が、絶対的に必要なことなのです。
そして意識の中には、顕在的なものや、もちろん潜在的なもの、宇宙意識とか、超意識体といわれるような、高い次元の意識体が存在していることは間違いありません。
高次元への、多くの人が望む、そういった現象は、私達人間には、始めから備わっているのです。
この脳という、最も不可思議な存在の中に、すべての次元と接することの出来るような、そういったニュートラル的なスペースとともに、そのスイッチが、オンかオフかによって、あらゆる次元と接することが出来るのが、実は脳の仕組みの中に、もうすでに組み込まれているのです。
未来を予測したり、神との融合的な世界を導いたり、新しい発見をしたり、記憶をよみがえらせたり、そしてまた、宇宙の音を聞いたり、悟りを開いたり、真理を全うしたり、脳における、高次元界への接触は、日常茶飯事の中で、いくらでも起こっているのです。
しかしながら、そういった関係の中にも、肉体というエネルギーに依存しなければならない、絶対的な条件があるのです。
要するに、電源コードを入れなければ、コンピューターは動かないのと同じように、肉体という、三次元における物質エネルギーに依存しなければ、脳による高次元帯へのアプローチは、まったく不可能なものとなるのです。
だからこそ、この三次元の必要性をより深く認識し、肉体のトラブルを、速やかに改善することから始め、高次元と接することの出きる、脳における意識の存在と、それを決定付ける、意思から出るエネルギーが、心という、現実のものと、うまく絡み合いながら、私達は、毎日の生活を営んでいるのです。
このことを深く知ることにより、高次元界へはいつでもいけるし、そして、自分の意識の中に存在していることを、早く理解して下さい。
神々も、それらすべては、意識という、そういった存在の中に、その現実が表れ、意味のあるものとなるのです。
今私達は、もう一度、この素晴らしい意識という世界と、心という世界、脳と身体を、一体化させながら、新しい意識体へと進化しようとしています。
高次元化された意識の中に、高次元的な心が生まれ、その結果、肉体にも大いなる変化が表れることでしょう。
一対のセットの中に、すべてが存在しているのです。
切り離すことは出来ません。
だからこそ、現実を見失わないようにしながら、肉体のあり方をも確実に認識し、そのエネルギーに、どう依存していくかを、心と脳の協議の中で、作り上げて言ったならば、もうそこは、高次元の世界にいる、現実となることでしょう。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]