忍者ブログ

雪解け水

 今年の冬は、とても多くの雪をこの日本列島は抱える事になりました。
 東北から中部地方にかけて山に積もった多くの雪は、この豊かな日本列島を作り上げる上で、非常に大切な現象なのでしょう。この前、山陰地方を旅した時、山の中に小さな小川のせせらぎがなかった事に驚かされました。今、春の雪解けを待つ山の中には、自然に出来たしかも春だけに存在する、小さな小川が沢山出来ています。 
 あたかも山から沢山の湧き水が出ている様に、透き通った透明感の中で沢山のそういった現実が、中部地方の山では感じる事が出来るのです。日本海に流れる暖流は、アルプス越えの時に冷やされ、雪となってきます。山に積もった何メートルもの雪は、春になり少しずつ溶け出し、この日本列島に豊かな水の資源を作り出しているのです。
 どんなに汲み上げたとしても、この山に雪が降る以上、日本列島から水が消える事はないのです。しかも山に積もった白い雪達はいきなり解けるのではなく、少しずつ少しずつ落ち葉の中を抜けながら地面へと染み込み、やがてそれは伏流水となり大地は潤い始め、植物達はその恵みに対して非常に豊かな生育を見せているのではないでしょうか。
 地球上において、この日本列島の位置とこの日本列島を囲む様に流れる海流にも、緻密に計算された様な大変素晴らしい法則が存在しているのです。この日本列島が地球上で最も豊かで、そして全ての生命体にとってこれ程素晴らしい環境は、他の国では考えられない程の出来事なのかもしれません。
 黒潮、親潮といった暖流もあり、寒流もあり、そして三千メートル級の高い山も存在し、そうかと思えば広い平野に恵まれ、大量に溢れ出る雪解け水により新潟地方では、また秋田地方や仙台地方でも、沢山の米所となり、金沢や福井も、この恩恵にあずかりながら農作業が行われているのです。
 もし日本に雪が降らなかったら、日本列島は直ぐに干上がってしまいます。仮にどんなに地下水を汲み上げられたとしても、この日本アルプスに降る雪が、必ずそれを満たしてくれるに違いありません。この日本に住み、この豊かな日本列島で生活出来る事は、世界に類を見ない程の恵まれた環境である事を、早くに理解して下さい。今自然に還る事が、とても大切であり、誰もがそれを望み始めています。
 日本に住んでいるから皆が自然に還ろうと思いますが、諸外国では自然は脅威であり、そこに還る事は逆に死を意味する様な、もちろん水も全くない様な砂漠地帯で、草すら容易に生えない程の厳しい環境の中で、多くの人々が暮らしている事も忘れてはなりません。
 この日本という豊か過ぎる程の環境の中で、私達はその環境に甘んじ、与えられたものその中で豊かに生活出来る事が、世界から見たらどんなに羨ましい事であるか、そこも認識した上で、これからの生き方を考えてみてはいかがでしょうか。
 今年は雪の多さで、非常に大変な冬を過ごしました。しかしこれは日本というこの島にとっては、大変大きな恵みであった事は間違いないのです。豊かな森は、今緑に溢れ多くの人の心を和ませ、美食である山菜は今、沢山採れ始めています。
 この豊かさの中でもう一度自然を見直し、ここで生きる事を決意してはいかがでしょうか。やがて来る危機的な社会現象の中で、日本にこの自然がある事が、私達はそれを感謝する日がやがて来るはずです。だからこそ、もう一度目をよく開き、自然を見て下さい。
 そして感じて下さい。未来の明るい兆しが見えるはずです。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]