忍者ブログ

 水とは最も不可思議な物質であるという事は言うまでもありませんが、特に人間や植物の生命水となると、もっと分かりにくくなってしまいます。
 しかし、起こりうる現象については誰もが否定する事ができません。ただそれを証明する理論が存在しないに過ぎないのです。ここはあくまでも仮説に過ぎないのですが、目の前で起こっている現象である事は間違いありません。
 例えば、夜から朝にかけて野菜や果物の鮮度が上がる現象や、私達人間は眠る事によって疲れがとれる現象があります。この疲れの正体でさえ今もってよく分かっていないんですよね。気疲れという言葉もありますし、これは単なる筋肉疲労ではない事は事実です。
 そこで今回、素粒子と水というテーマで物事を整理していく事にしたんです。素粒子も大変不可思議なもので、在るのか無いのか、そして現れたと思えばすぐ消え、低属性がないと思えば地球を突き抜けていく。ある程度のところまでは分かってきたが、ほとんどの研究者は行き詰まりを感じているようです。
 この時私は、素粒子を情報という観点から捉えて考えていくと、どうしてもそこに「水」が必要になってしまいます。そして、その水に素粒子はどのように関与するのかを見ていくと、まず水の中を突き抜けます。途中で消えてしまったとしても、確実にこの水にその素粒子が持つ情報が書き込まれています。決して水が捕まえている訳ではないんです。
 しかしこの書き込まれた情報により、水がその素粒子が持つエネルギーを素粒子から得た情報から作り出す事が出来るとしたならば、そうする事により間接的に素粒子を充電した事になるのです。水の中では情報とエネルギーは裏表のような関係で、水はその情報を有効的に使いこなす事が出来るとしたならば、かなりの事が説明できると思います。
 全ての生命体は素粒子充電しているからこそ、生きられるのではないでしょうか。水に書き込まれた情報が必要な時にエネルギー化出来るとしたら、これは大変素晴らしい事ですよね。
 分からないから、見えないから、といつも否定するのではなく、もっと柔軟に物事を考えてみてはいかがでしょうか。
 

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]