忍者ブログ

 水が(ある)(ない)で、生命の存在が位置づけられ、そして時間が動き出す。
 そこには水の運動エネルギー(スピン運動)があるからです。そして情報を的確に伝える役割を持ち、秩序を生み出す。そういった意味から見ると、水は遺伝子に極めて近いものと言えるでしょう。そんな水の役割や性質を知る事が出来たなら、人間はもうこれ以上水を触ってはいけない。そして自然界にそぐわない水を作ってはいけない。
 なぜならば、生命の維持管理を反映、そして融合と共鳴…。
 宇宙との連携やその秩序が乱れ、地球自体がエネルギーを吸収出来なくしてしまう。水とは生命(動植物や微生物)の全てを管理・維持する神にも似た意識を持った物質であり、全ての生命の根源である水に委ねられた情報とエネルギーで他の生命は存在する。
 では、良い水とはどんな水?
 今から6500年万年前の地球を想像して下さい。背丈が20m以上もある恐竜や、直径が10m以上もある植物が生い茂っていました。という事は、最も豊かな時代だったかも知れません。でもなぜ、そんなに豊かだったのでしょうか
 ここ1万年位の地球とどこが違っていたのでしょうか。
 たぶん一番違っていたのは水でしょう。
 そしてその水は、限りなく宇宙から来るエネルギー情報を記憶する事が出来る水であったに違いないでしょう。実はそれが普通の結合ではなく「並列ねじれ共有結合方式」であった為、安定した宇宙から降り注ぐ素粒子情報エネルギーを記憶し、蓄える力があると考えられます。
 では現在の地球にある水は、どうして豊かだった頃の水と違ってしまったのでしょうか。色々な原因が考えられますが、もう一度あの頃の水があったなら、どんなに素晴らしい事でしょうか。その頃の水をもう一度作る事が出来るのです。それは人間ではなく大自然界の鉱物や土や森。そんな力がまだ残っている地球。
 世界中の至る所でそんな湧水(奇跡の水)が湧き出ています。もちろんそれは日本にも沢山あります。
 全ての生命体に共通し、情報とエネルギーを管理する水が未来を明るいものとすることでしょう。
 」
 

 

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]