忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 水、つまりH2Oは酸素と水素がくっついて出来ているものですよね。
 よく見ると酸素に水素の風船が2つくっついているのですから、当然N2窒素78%、O2酸素21%の空気より分子単体の状態では軽い事になります。だって水素は一番目の元素ですから、当然浮く事になります。だから常温でコップの水が蒸発したり、洗濯が乾いたりするように、雲が浮いているのは当たり前に現象で、コップの中に水があるのが不思議なんです。
 今問題になっている地球温暖化
 でも大気中のCO2二酸化炭素の%はわずか0.03~0.04%位で、全然変わっていないのです。コップの中の氷が浮いているのは膨張して軽くなった分だけ、氷の上に顔を出しているだけですから、溶けても体積は増えません。
 そんな事より、ナイル川やアマゾン川、そして信濃川や全世界の川の全て海に流れ込んでいるのに、海の水位、全然増えたりしませんよね。南極の氷が溶けるよりも、はるかに多い水の量です。なのに海の水が溢れた事は一度もありません。
 だから今海面が高くなっているのは、地下の海底湖の水を汲み上げた事、石油を採掘して燃やした事が一番大きな原因なのです。そして、使ってはいけないのがエネルギーを使った事で地球は衰退の道を辿り、砂漠化が進んでいるのです。それらの殆どが人災です。
 そこに輪をかけて太陽の暴走があります。これは大いなる警告と受け止めなければなりません。もうじき日本上空でオーロラが見える日が来るのかもしれないのです。そうなってからでは手遅れなのです。だからその前に手を打たなければなりません。
 私は落ちなかった雷の電子がどこに消えてしまったのか、研究をしてきました。そして大気中の水蒸気にはそれを吸収してしまう力のある水が含まれている事に気付いたのです。その水を増やしてあげれば、電磁嵐からこの日本を守る事が出来るはずなのです。
 水は空気よりも軽いその特徴を生かし、そのある種の水を大気に放出出来れば、未来は見えてきます。そう、全てを同時に解決しなければならないのです。もちろん意識的な現象も含め、この三次元のエネルギーバランスをいかに上手くコントロールするかにかかっています。
 そしてその鍵を握るのが「水」なのです。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]