忍者ブログ

 人間や動物達には脳があるのに、植物にはそういった物が無いと多くの人達は思うでしょう。
 それなのに、植物達は私達人間よりも遥かに優れていて、季節を読んだり、月をよんだり、日照や時間、温度や気圧さえも読んで、理想的な形でこの地球上で暮らしています。
 春に咲いた花が、また翌年の春に再び花を付けます。植物はこの365日をどの様に受け止め、経験して春を認識出来るのでしょうか。どこにそれを感知するセンサーが付いているのでしょうか。明るさ・暗さ・時間・日付・季節・寒さ・暑さ・満月・新月・地球の回転・圧力・気圧・標高の高さと低さ・晴れの日・雨の日…。
 これらの全ての情報を管理しないと、翌年に芽を出す事が出来ません。小さな種のどこにそんな力があるのでしょうか。植物はこれらの条件が満たされると、すぐに子孫繁栄しようと貪欲に芽を出します。この優れた能力をどう理解したらいいのでしょうか。
 普通、植物は大変多くの水分を持っています。そして葉では、水と二酸化炭素によって光合成という化学合成をいとも簡単に行い、炭水化物を作っています。
 一方根では、微生物を養い、必要な酸素などを作らせています。やがて花を咲かせ、実を付け、誰の手を借りずに生き続けています。こうして、この地球を取り巻く記憶された情報を上手く吸収し、宇宙管理システムの誘導を受けながら、上手く生活しているんです。
 そしてその情報を受け取っているのが、植物の根と茎と葉に存在する特殊な水であり、そこで天と地の情報を認識し、芽や葉の先端までの水の電線を使って情報を伝えています。種の場合は、遺伝子の周りにある水がその役割を行いますが、この通して忘れてはいけないのがミトコンドリアの事です。
 ここに大きく関与する事により、植物の脳を作り上げているのです。したたかに生きる為には、記憶された地球や宇宙から送られてくる情報を上手く利用する事です。
 情報の発信源はこの大宇宙なのかもしれません。
 

 

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]