忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 全ての生命体は自分の体を管理する上で、大変重要な事があります。
 それは体を構成する為の物質と、体を維持する為のエネルギーが必要だという事です。体を構成する物質は、与えられた環境の中で体を維持する為のエネルギーを必要としています。
 植物は水、光、土壌、微生物などの恩恵でそれを維持していますし、動物達は草を食べたり肉を食べたりして肉体を維持しますが、それだけでは全てのエネルギーを説明する事は極めて困難な事です。
 そこでもう一つ考えられるのが、この大宇宙から送られてくる無限でクリーン、常に降り注がれている素粒子の存在です。もしこの素粒子を体に取り込んでエネルギーの一部として使っているとすると、全ての辻褄が合ってくるんです。
 もちろん太陽から降り注がれる光のエネルギー(光粒子)もかなりの領域を持っていますが、夜、この地球に降り注がれる素粒子こそ、私達生命体、植物も動物も微生物も利用して生きているはずなんです。地球環境を取り巻く全てのエネルギー物質を利用する事によって、私達の命は生まれたはずなんです。
 それが地球に住む大きな意味なんです。全ての生命体は素粒子を利用しているし、逆に素粒子が無ければ生きられないんです。素粒子の多くの事は未だ分かってはいませんが、存在は各機関は認めています。エネルギー的な存在ではないにしろ、それらの関与により全ての物質が構成されてるはずなんです。
 いつかは、その全貌が明かされる時が来るかもしれませんが、今はまだ未知の物質に過ぎません。でも30億年もかけて進化してきた生命体は、何らかの形で関与してきた事と思います。
 

素粒子充電する為に眠る

 どんなにお腹一杯になっても眠らないと体の疲れはとれません。逆に、お腹一杯だと眠くなってしまいます。 それでは、眠る行為は一体何を意味するのか考えてみましょう。まず疲れとは何か。単なる筋肉疲労だけでは説明がつきません。私達の体の中にはミトコンドリアが1個の細胞の中に沢山存在し、ダイナム運動ををしてエネルギーを作り出しています。
 簡単に言うと、火力発電所の様な働きをしているのですが、夜はその働きも呼吸量と共に減少していきます。そして、この眠っている間に細胞内の生体水に直接素粒子が充電されると考えると辻褄が合ってくるんです。私達の体を維持する上で必要な物質は食べる事で補えますが、眠らないと疲労感はいつまでも残ってしまいます。 逆に食べなくても水を飲んで寝てしまえば、朝、体は非常に軽く爽やかになって目覚めます。この眠るという行為こそが実に大事な事なんです。特に脳は眠る事を要求してきます。瞼が(まぶた)が重く、起きている事が困難になってきます。これが筋肉疲労と素粒子充電の始まりなんです。
 魚さえも真夜中は眠っているんです。そういった意味で考えると、全ての生命体は眠る事が絶対的な条件なのかもしれません。つまり重要な事は、素粒子充電しなければいきれないという事です。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]