忍者ブログ

 サバンナで住む沢山の動物達は、食物連鎖という基本的な掟の中で生活しています。
 草食動物達は一生懸命草を食べ、子孫繁栄へと貢献しているのです。肉食動物のライオン達は、草食動物を狙います。基本的には同類である仲間や肉食動物を襲う事はありません。中でもライオン同士が殺し合い、食べるなど絶対にないのです。同類が殺し合う事は、その種族が絶えない為に神はその様に作ったのです。それはやはり、生きていく為の法則の様に思います。
 大地の恵みは植物達に宿ります。地球における太陽や月や、土に含まれるミネラルや水、宇宙から来るあらゆるエネルギーは上手く植物達に取り込まれます。その植物を草食動物達は食べるのです。要するに植物を通して、大地や海の宇宙の恵みを食べている事になるのです。ただ形が草に変わっただけです。
 だから肉食動物達は、草食動物達を襲うのです。彼らの持つ大地の恵みを得る為です。同類を襲わないのは、食物連鎖の基本的な考え方から始まっているのです。もし同類を襲ってしまったら、食物連鎖の法則が崩れてくるのかもしれません。生きる為の法則は、この世に上手く作られているのです。
 そこで人間達を見ると、人と人とが争い合い殺し合っています。しかし人の肉を食べる事はありません。もし人間が、人の肉を食べその味を覚えてしまったら大変な事になります。同類同士の体の中には、同じ成分で作られている為、欠けてる栄養素は同類を食べれば全て補われてしまうのです。この事を知っている神々達は、同類を食べる事を禁止したのです。
 人間もこの神々の教えを守り、ライオンがライオンを襲わない様に、人間が人間を襲わない様に出来たら良いと思います。自然界の掟を守り法則に従う事がとても素晴らしいのですが、増えすぎてしまった人間だけはどうする事は出来ないのです。
 人間が人間を食べる、今これが形を変え臓器移植という形で行われています。神々の法則からしたら間違いかもしれませんが、仕方ない事かもしれません。一日でも長く生きれる方法があれば、それに従うのも決して悪い事ではないのです。
 今私達は、大変素晴らしい科学の中で生活しています。もっと科学が進めばアンドロイドも可能となるでしょう。しかし神はその事をどう思うかは別な事です。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]