忍者ブログ

子どもの頃、大人達からよく「そんなことをしたらバチが当たるよ」と言われたものです。
皆さんも言われたことがありませんか?
何をしたら、バチが当たるのか、今になってその意味をもう一度深く考えてみました。
確かに、現実は、悪の方が栄えているように思われます。
バチというのは一体誰が下す現象なのでしょうか?
神社で遊んでいるとき、隅の方でおしっこするだけでもバチが当たると言われていました。
また、川の中におしっこするだけでもバチが当たるとも言われていました。
なんかいたるところにバチの当たるような存在があって、大人達は常に子ども達を叱るのではなく、バチが当たるよと言って多くのことを戒めてくれたものです。

現実は、先ほど言ったように、悪が栄えています。
法律では裁けないような、またどんなに国家権力を使ってもそれを捉えることが出来ないようなことも、たくさんあるのではないでしょうか。
本当に人に嫌なことをされたとき、恨んでみてもどうすることも出来ません。
そんなとき、バチが当たればいいなと思ったりしませんか?
今、この危機的なときを迎え、何が正しいかを判断できるのは、神様しかいないのかもしれません。
巧みに仕組まれた、人間環境、生活の中では、秩序が適応されない部分も非常に多いのです。
知らず知らずのうちに、自分が罪を犯してしまうことも、よくあるのです。
ましてやそれを正しいと思ってしている人もいるのです。
そして、それを裁く法律は存在しないし、その人達を変えることも中々難しいのです。
例えば、自然農法といって、沖縄の菌を砂糖で丸々太らせ、寒冷地にばら撒いているような、悪質な例もあります。
元々いた土着菌は、強い菌が入ってきたから、そこで生活できなくなり、死滅していくのです。
撒かれた方の菌も、寒さに耐え切れず、秋には死に絶えて生きます。
そんなことをしている人達を、今裁く法律はないのです。
微生物達は、神に願っているに違いありません。
早くバチが当たって下さいますように、と。

これからの世の中は、全ての命は平等です。
人間だけが、勝手に他の生命体を操作したり、殺したりしていいはずがありません。
この地球環境は、自然界の法則の中で存在し、その法則に則って今があるのですから、その法則から外れた人間達は、やがて神の裁きを受けることになるのでしょう。
バチが当たるとは、とても使い勝手のいい言葉なのに、最近ほとんど使われなくなりました。
人を憎むのではなく、神様が正しい判断をし、裁きをする。
人間達は、人間又は他の生命を裁く権利はありません。
神様の一番大きな役割は、その裁きをすることではないでしょうか。
私達は神から裁かれないように、自然界の法則に則り、行動しなければなりません。
デルファトラの会や自然から学ぶ会で多くを学んだ人達が、地球環境蘇生に向け、黒潮ドームを成功させようと、大変貢献なさっています。
その支流から外れた人達は、本流に早く戻ってくださればいいのですが、人間のエゴは逆欲に変わり、人を陥れようと企みを始めます。
そして他のもので対抗してこようとしますが、本流の流れには逆らうことは出来ません。
何故なら、正しい方を必ず神が味方するからなのです。

これからの社会は、環境問題をテーマにしなければ、この地球で生きる権利を得ることはできません。
私利私欲のためにその本流を離れ、ただのプライドが、自己を滅亡していく可能性が大きいのです。
神はそのようにして、バチを与えるのでしょう。
役割を認識し、この危機的なときだからこそ、自然界の法則を学び、正しい意識の下で全ての命を平等と考え、地球環境に携わらなければなりません。
いよいよ、動き出した神々達は、今人間達をどの様に裁くか、考えていらっしゃるに違いありません。
バチが当たらないように、気をつけたいものですね。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]