忍者ブログ

今回のような原発事故が起こり、日本も大きく変わろうとしています。
歴史は必ず繰り返されるように、これからの日本は、最も古く、最も新しい方向へと進んでいくことになるでしょう。
貿易の中心は、これからは日本海がその役割を担うことになることでしょう。
何故ならば、太平洋の向こうには、遠い国しか存在していません。
歴史を辿ると、やはりこの日本は、アジアとの密接な関係の中に存在しているのです。
アジア圏において、この脅威ともいえるほどの発展は、全世界を変えるだけの技術とまた動力を持っています。
今回起こった事故で、太平洋側における日本近郊の汚染は著しく、事実が解明されてくる中で、極めて厳しい条件の中に存在していることと思われます。
何故ならば、親潮に乗って撒き散らかされた放射性物質は、東京湾や四国の方まで進んでいっているに違いないからです。
また、日本海流に乗った汚染物質は、やがてハワイの方まで進んでいくに違いありません。
よって貿易は、日本海側で行われた方が安全だという結論に達するのです。
しかも、アジアの発展はかなりの勢いで進んでいますので、やはり日本はアジアとしての役割が大きいものと思われます。

また、このほど発表された、地表での汚染状態の中で、大きな結論が一つ出ます。
それは、首都圏を取り巻く環境が著しく悪くなり、特に、地下水をも含んだ水の汚染が、かなり厳しいものと思われるということです。
ただでさえ、医薬品や洗剤、食品添加物や農業排水により、かなり汚染度は進んでいるところに、輪をかけて今回のような現象が起こっています。
また雨水は、大気の放射性物質を包み込み、大地の放射性物質をも抱え込みながら河川へと流れ込み、少しずつ、でも確実に、堆積されていくのです。
その上を流れる水達は、必ずその影響を受けるに違いありません。
あの大きな琵琶湖も、同じ結果をもたらすに違いないのです。
そのような出来事の中から、安全を求めた諸外国の人達は、安全な湧き水の豊富な、しかも放射性物質の汚染度の少ない大地を求め、そこに拠点を置くことになるでしょう。
現在の日本において、それは限られた場所にしか存在していません。

これから経済の中心が、日本海側に移ろうとしています。
アジアはぐっと近くなり、密接な関係を持つことになるでしょう。
今までの太平洋側の大いなる繁栄は、歴史上では非常に考えにくい出来事だったのです。
そんなことを考えながら、この日本のあり方は、大きく問われることになるでしょう。
北前船が日本海側を航路としたように、また遣唐使や遣隋使がいた頃のように、朱印船貿易が盛んだった頃のような時代に、戻っていくのかもしれません。
そんなことを考えながら、私達も聖地を求め、移動する時期を迎えているのです。
安全な水、それは、日本海から蒸発した、高い山の雪解け水が、その地球浄化のシステムの中で浄化され、尽きることのない水量で安定をもたらしてくれることでしょう。
やはり、世界が水不足の中でこれから生活しなければいけない、そんな現実を確認することが出来たならば、豊富な湧き水が存在する大地は、大変貴重なものとなることでしょう。
確実に、水が人間生活の中心であることは間違いないのです。

全ての命は水に委ねられ、未来へと向かうのです。
この危機的な日本であっても、私達が安全に生きられる法則が存在しています。
そして確実に、選ばれた大地が汚染を免れ、私達の豊かな生活をもたらしてくれることでしょう。
大都市集中型の生活環境では、この危機を乗り越えることは非常に難しいことと思われます。
小さな島国だとしても、まだまだ未開の地は、そして私達が捨てた大地は、私達を生かす方向にもう一度蘇るはずです。
この日本は、大変素晴らしい大地の環境と水を持っているのです。
新しい日本は、豊かな心でそこを必要とする人達を待っています。
経済はことごとく、破綻する方向にいってしまうのかもしれません。
近いうちに起こるといわれる大インフレの中で、私達の求める方向が、一つの道を明らかにしてくれることでしょう。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]