忍者ブログ

私達人間を含め、地球における全ての生命体は、この大地、そして太陽、28日周期で回る月に、大きく左右され、生命維持プログラムがそういった条件の下で確立されてきました。
月は満ち欠けにより、大きな現象をもたらしてきますが、月が大きくなったり小さくなったりするわけでもないのに、太陽の光の面と地球の影の面、そういったところに、実は太陽・地球・月といった、大きな因果関係が生まれ、エネルギーの相乗効果の中で、バイオリズムが発生してくるのです。
このリズムに左右され、生命体は、全ての時間を認識することができ、狂いのない状態で、要するに規則正しく生きているのです。
地球と太陽と月の関係の中に、実は角度が存在します。
その角度に回転が加わり、要するに地球が回ることにより、その角度の中にエネルギーの波紋を広げ、それを受けた月が、太陽と地球の関係の中で、いかに地球と密接に絡み合っているかが見えてきます。
たかだか、その光と影と角度とエネルギーによって、満潮があったり、逆に干潮があったり、1日の中でもその地球的な変化は、私達の想像を絶するほどのエネルギーを持ち、ここに存在していることは間違いないのです。
大いなる自然現象の中で、あれほどの驚異的なエネルギーを、どのように生み出すかについては、まだ全てが解明されたわけではありません。
しかしながら、起こっている現象については、否定することの出来ない現実なのです。
その環境の中で、全ての命はこの地球で進化し、この地球で行き続けているのです。
それが、今までの地球環境であり、私達が生きてきた、全てのプログラムと原理なのです。

しかしながら、時代の繁栄と共に、人間達はエネルギーを無駄に使い過ぎ、このプログラムを破壊する方向へと導いてしまいました。
太陽が沈んでも明るすぎる町は、自分達の豊かさだけではなく、宇宙全体のプログラムをも破壊しようとしているのです。
たかだか一つの街灯が、実はそれほど恐ろしい現象をもたらしていることは、まだ気付いていないのかもしれません。
火を使う地球温暖化ももちろんですが、光を誘導する作用も、実は大きな脅威を含んでいるのです。
そこに加え、核実験や戦争といった、極めて大きな力を持つ破壊のエネルギーが、この地球を急激に変化させ、異なる周波数は自然界における情報プログラムを、狂った方向へと導いているのです。
一度放たれたエネルギーは、地球全体を包み込み、その見えない力は、全ての生命に大きな影響を与えていることは間違いないのです。
月の満ち欠け、そして角度により、有効的に導かれてきた生命維持のプログラムは、今変わろうとしています。
地球の回転数も、また地球の磁場も、著しく変化し、生命全てに大きな影響を与えていることを、まだ人類は解っていないのです。

この驚異的な現象の中で、生命の進化が今、行われようとしています。
もう取り返しのつかない現象であるのですが、バイオリズムが壊れた今、まっさきに意識の中に狂いが生じるのが、統計学です。
地球のリズムや、月の満ち欠け、そして、太陽の安定の中に、長年積み上げてきた経験とデータに基づいた統計学が、すべて狂い始めていることは言うまでもありません。
占いや手相、そんな世界は、もうこれから存在しないのです。
地球の意識の乱れにより、耳には聞こえないこの音により、私達の脳も植物の意識も、全てが統計から外れた方向で現在存在しているのです。
意識の狂いは人間性を変え、意識の障害を現実のものとします。
そのような狂った環境と意識の中で、統計的に導かれてきた現象は、もう利用することが出来ないのです。
いつ、どこで、急激に何かが発症し、意識が狂うことは、当たり前すぎるほど起こりうる現実が待っているのです。
バイオリズムをなくした私達は、これから生きようとする中で、意識をどう安定させていくのかが大きな問題となることでしょう。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]