忍者ブログ

秋になって、あちこちにお祭りを知らせる、のぼり旗が立ち始めました。
やはり秋は、実り、そして、喜び。
秋祭りは、本当に楽しいものであります。
この五穀豊穣を祝う秋祭りが、子どもの頃は待ち遠しかったものです。
日本人は特に、神様が大好きで、この大いなる実りも、全て神様のお陰と考えました。
八百万の神は、どこにでもいて、小川に向かっておしっこをすると、母親に叱られたものです。
神社に遊びに行って、ケヤキの陰でおしっこすると、罰が当たるといわれました。
昔の人は特に、神を尊重し、全てのところに神が宿り、私達倭民族を生かしてくれると考えていたのです。
そして私達は、神の意図する方向へ、自然と共に共存してくれば良かったのですが、人間の欲は限りなく、その欲を満たすために自然を破壊し、人間達の想念が、神を封印してきたのです。
この日本に古くから住みついた古代神達は、大いに悲しんでいることでしょう。
実りの秋を迎え、先週稲刈りも終え、モミを倉庫にしまい終えました。
嬉しいひとときであります。
いつも倭神は、自然からの恵みを私達に与えてくれていました。
この自然の中で、自然と共に暮らすならば、それだけで十分なのです。

しかし今、その倭神の考えているやさしさとは反対の方向にことは進み、私達人間は、その恩恵を忘れ、自然を乗り越えようとして、破壊の一途を辿ってきました。
取り返しのつかなくなる直前において、倭民族の誇りを取り戻し、もう一度神々達との共存を図らなければなりません。
しかしながら、この恵みと感謝を忘れた人々は、自然神を期待することはできなくなってしまいました。
何故このように、荒んだ心になってしまったのか、それは人間自ら内なる神、要するに、自分の内側に存在する偉大なる神を、自分自らの手で封印してしまったからなのです。
己(おのれ)の中の最も大切な、その神を封印することにより、人間は横暴を繰り返し、自然を破壊し、自分が神のごとく振舞ってきたのです。
内なる神の警告は、全く受けることなく、それは自由かのように見えたのですが、しかしながら、これから想像できる未来の中で、私達は苦悩の道を歩まざるを得ない状況に、自分達自ら堕ちていってしまったのです。
しかしながら、また手遅れではないのです。
今こそもう一度、内なる神を目覚めさせ、自分達の持つこの地球で生きる能力と融合させたならば、未来はまだ変えることはできるのです。

人間よ、人になれ、と、よく言われます。
人間よ、神を宿して人(じん)となす。
内なる神の目覚めは、人間が人になることを意味します。
人という象形文字は、手を合わせ、願うことからその形が作られました。
内なる神が目覚めた後、手を合わせ、意識を強く持ち、願うことにより、その願いは大宇宙の神に届き、叶えられようとします。
そして、自然神が蘇り、もう一度豊かな倭の国が作られることでしょう。
私達の願いが届かないのは、内なる神の目覚めが、まだ起こっていないからなのです。
意識して下さい。
人間の内部にある、大いなる宇宙空間の中には、次元を超えた空域と、この三次元にも勝る大いなるエネルギーも存在するのです。
すべては、セットなのです。
必ず、外の宇宙があれば内側にも宇宙は存在し、逆に内側の方が大きい場合もあるのです。
ただ神に願っても、その願いは届きません。
何故ならば、内なる神の目覚めがあって初めて、外なる自然神がその願いを聞き入れるチャンスを迎えるのです。
もし私に役割があるなら、神は私をどの様にお使いになるのか、そう考える人もたくさんいらっしゃると思いますが、内なる神の目覚めがなくて、それは起こりません。
そのことに早く気付き、意識を持って内なる神と対話して下さい。
倭民族は、その能力をまだ失ったわけではありません。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]