忍者ブログ

最近になって、環境をテーマにしながら、あらゆる企業がそれに取り組みました。
しかし、それはあまり効果の高いものではありません。
今回地球が抱えている問題は、そんなたやすいものではないのです。
今太陽は、エネルギーを何倍にも膨れ上がらせ、この地球を焼き尽くそうとしています。
しかしこの地球には水があり、二分の一は晴れ、二分の一は曇りと、うまくそれをかわしていたのですが、今はそのバランスを崩し、この地球に大きな影響を与えてしまいました。
そこに人間が大きく関わったことは間違いありません。
人口が増えすぎたことにより、農業が盛んになり、その農業のために、大量の水を必要としたのです。
海に流れ込む前に、農地や植物達がその水を飲み込み、そしてバランスを大きく崩していきました。
その結果、大洪水と大干ばつ、その繰り返しの中で、砂漠化がどんどん広がり、地球温暖化が加速していったのです。

これはあくまで人災であり、本来の能力を持つ地球ならば、この太陽の暴走を回避できたのですが、もうすでにその能力は人間達の力により、破壊されてしまっているのです。
二酸化炭素が地球温暖化の原因ではなく、やはり人間が、川の水を引き、池の水をくみ上げ、地下水を乱用することにより、この地球のバランスが著しく崩れていったのです。
自然の営みから、人間は科学的な方法で、この大地を壊し続けていったのです。
今からではもう、手遅れと言わざるを得ません。
一度崩れていったこのバランスは、元に戻すためには、何百年もの歳月が必要となります。
その条件の中に、人間がいないことが含まれてしまいます。
これからも大いに続くことでしょう。
この砂漠化が進む以上、そして、太陽がエネルギーを増し続ける以上、自然災害は後を絶つことはありません。
そこに輪をかけるように、人間達の暴走が始まることでしょう。
科学における科学災害の中には、周波数における破壊のエネルギーと、燃焼することにより起こる膨張のエネルギーと、そして日常生活で電化製品等から発生するその周波数におけるエネルギーの、生命への影響は計り知れないものがあるでしょう。
わかりやすくいうと、この環境の中では、もう人間はそう長く生きられないということになってしまいます。
それは全て、自ら犯した罪であり、私達はその中で、不安な日々を送り続けることとなるでしょう。
そして、意識は暴動化し、あらゆるものを破壊の方向へと導くことでしょう。
神はもう、そういった人たちを管理することは出来ないのです。
そこに拍車をかけるように、太陽のフレアの爆発、フォトンベルトや、ニビルとの遭遇、そういった太陽系における、星々達のバランスも崩れ、その崩れた意識が全ての生命にも影響し、脳の中の不安を増長させることでしょう。

しかしまだ、この日本はその現象に全て巻き込まれたわけではないのです。
報道に乗らないで下さい。
この日本は、守られています。
倭民族は、そこに参加しないで下さい。
この日本という島を守ることができるのは、私達だけなのです。
あと僅かな時間、そう、一年もしないうちに、世界は大混乱の中に陥ることでしょう。
しかし慌ててはいけません。
この日本は全てに満たされ、守られているのです。
水はたくさんあります。
森も林もたくさんあります。
植物達は、この日本を守り続けることでしょう。
自然と共に生きてさえいれば、必ずこの問題は回避できるはずです。
慌てることはありません。
水がある以上、何でもできるのです。
そして豊かな大地は、私達に生きる望みを与えてくれるはずです。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]