忍者ブログ

目の前にいくらでも存在し、当たり前のように思っていた水が、突然地球から消えたら、皆さんはどう思うことでしょう?
そんな日が絶対に来ない、という保証はどこにもないのです。
何故ならば、水はたかだか、酸素と水素の化合物に過ぎません。
単体でかつ常温では、酸素と水素はどちらも気体であり、液体ではないのです。
その酸素と水素が引き合いながら、水という物質を作っていますが、私達はそこに余りにも関心がなさ過ぎ、当たり前に起こる現象を当たり前としか捉えていませんが、何故酸素と水素が引き合うのでしょう?
その法則はどこに存在するのでしょうか?
水が水でいられる定義付けは、非常に不可思議な存在ともいえるのです。
酸素は酸素、水素は水素でいた方が、どれだけ自分達にとって都合のいいことか知れません。
そんな中で、質量の違う1番目の水素と8番目の酸素が、仲良く手を取り合って、水として私達に恩恵をもたらしてくれるなんて、本来ならば夢のような世界なのです。
そして、液体になり気体になりそして固体になり、様々な形で私達の目の前に存在しますが、果たしてこれに対する私達の甘えは、いつまで続くことでしょうか?
地球の砂漠化が進み、太陽の暴走と共に地球は熱せられ、膨張と収縮の中で、水達も大いなる危機の中に今存在しています。

かつては、火星にも水があったといわれています。
何故、火星の地表にあった水が消えたのでしょうか?
答えは余りにも簡単すぎるところにあります。
要するに水分子の中の、酸素と水素が、お互いの存在を主張し、仲良く手を繋ぐことをやめたからに過ぎないのです。
それを、水におけるアレルギー反応といいます。
この、酸素と水素が引き合ってくれていることが、いかに不可思議で、現実離れしているのか、そのことを理解したならば、これから行われようとしている、第三のエネルギーとも言われる水素を、水から取ってはいけないことが解ります。
その水を分解し、酸素と水素の中を悪くし、アレルギー反応を大きくすることにより、水素というエネルギーは得られます。
人類は、そのことにおける科学はかなり進んでいて、もうそこを利用するエンジンさえも作られています。
これは人類への警告となることでしょう。
水にアレルギーという意識を植え込んでしまったならば、彼らは自ら水であることを拒否し、この地球から消えていく、そんなことが起こるのかもしれません。

かつて地球でも、そのような危機的なことが起こりました。
しかしながら一部の水は、そうならずにこの地球に留まったのです。
それはデルファトラの科学を使い、水のアレルギー反応を中和させ、現在に至っておりますが、一部は残念ながら、戻ることは出来なかったのです。
そこに残された記憶の中に、もう一度情報を入れ込んだならば、またあのときのように水はアレルギー反応を起こしかねないのです。
ただでさえ、水の汚染はかなり酷いものがあります。
酸素と水素が引き合うことを、出来なくさせるような出来事が、余りにも多いのです。
そのことを深く理解し、水のアレルギー反応を起こらせない方向へと、人類は歩むべきなのです。
これから起こる天変地異の中で、太陽の光による、また人間が作った科学の音により、水における水素の陽子が破壊され、そこから中性子が作られてきます。
その中性子が一つならばいいのですが、もし二つになったならば、もう人類は水を飲むことが出来ません。
そして酸素達が、手を取りながら、自分達の世界を築き上げてきます。
地球におけるオゾン層達も、そのような形で生まれていき、逆にそれを利用するように生命は進化したのです。
そうならないためにも、今が非常に大事な時といえるでしょう。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]