忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私達は、眠りの中で、深い眠りと浅い眠りを繰り返しながら、一晩の安らぎの中で暮らしています。
そんなとき、夢を見ます。
その夢は、何を意味するのか、また何のために見るのか、またそれはいつの出来事なのか、いくら考えても結論が出てきません。
それなのに私達は、夢を見ます。
その夢が、時には正夢となり、現実化することもあるのです。
俗に言う、予知夢。
この予知夢の中に、今大いなる危険を感じています。
起こって欲しくない現実が見えるのです。
その日は2014年、そんな年号を表している気がします。
多くの人が悲鳴を上げ、逃げ惑う姿がみえるのです。
とても悲しい出来事が、そのとき起こっています。

このことを先に知ったならば、それを防ぐ方法を考えなければなりません。
しかしながら、予知夢は回避することが出来ないのです。
何故ならば、現実の延長線上にそれは存在せず、未来の現実がそこに現象として表れてくる、だからそこを回避することは不可能なのでしょう。
しかし、時間と次元をうまく変えることができたならば、それは可能な出来事となるかもしれません。
多くの人達は、アセンションや高次元化でそれを回避しようとしています。
確かに、可能な法則のようにも思います。
ただし、それが現実化したならば、という条件が、そこには存在します。
しかしながら、夢の中には、もう一つの時間や、もう一つの次元、もう一つの暮らしそのものがあるのかもしれません。
夢の中で出会う人達は、過去の経験の中から私達の脳が作り上げてくる大いなる偶像に過ぎません。
脳はいつも何かの映像を反映させながら、今を生きているのです。
私達のこの脳の中におけるこういった現象の中で、過去はそこに大いなる意味を持つことなのでしょうが、その出来事も過去の地球での記憶なのか、次元を超えた世界で起こった出来事へのメッセージなのか、または、現実に私達の記憶した今の社会生活の中での記憶と、そこに想像性が絡み合いながら、夢という現象で脳の中で自由に映像化されるものなのかもしれません。
そして、未来を伝える予知夢のように、私達はある種の特殊な能力を持っているのかもしれません。

まだまだ人間の意識や思いは、物理学的にも証明されていないことの方がはるかに大きいのです。
夢一つとってみても、この脳の中の情報と映像の組み合わせがどの様に密接な関係を持ち、現実と非現実の狭間の中で、投影されているのかは、理論上説明のつくものではありません。
この未知なる能力を、私達は利用することにより、新しい現実を作り上げることも決して夢ではないのです。
想像力の限界を超えたとき、新しい展開が起こります。
夢を見続けた人が、現実を確実に捉えることが出来るのです。
そういった意味から、私達は大いなる夢を見続ける必要があるのです。
その日はやがて、今を変え、未来を変え、次元や時間の観念さえも変え、物質的な社会がバーチャル的な世界へと導かれる日が起こるのかもしれません。
決して侮れない、この人間の未知なる能力が、2014年を回避してくれることを切に願っております。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]