忍者ブログ

大地震や異常気象、また太陽の異変…。
21世紀を迎え、様々な現象が起きています。
自然現象だけでも、理解を超えるほどの大異変を巻き起こすほど大きなものがたくさんありました。
また人間が侵した罪の中に、地球温暖化や、環境の汚染、挙げたらきりがないほど、著しい変化の中で今を迎えています。
大干ばつや大洪水、そして、今年は大雪に見舞われ、北極圏に住む人たちは、大変なときを迎えています。
氷河期に向かおうとしている地球は、その最後のエネルギーである太陽を、そしてその関係の中で、地球の全てが位置付けられ、自然環境はそこから生まれてきますが、そういった考えからすると、やはり、氷河期に向かっていることは間違いないと思われます。
太陽の活動が弱まることと、フレアの爆発は、それらが太陽の全てを意味するわけではありません。
そういった中で急がれるのは、私達が生活できる安全な場所、そして、食料や水の確保となってくるでしょう。

今回起きた原子力事故に伴い、環境は著しく悪化しました。
安全な場所を求めて、これからは、世界中の人々が動き出すことでしょう。
この日本にも、私達が想像する聖地を7箇所作り、その安全な方向へと未来の子ども達を導かなければなりません。
水道水も、いつまでも安全に飲めるとは限りません。
例え浄水器をつけたとしても、そこに起こる現象すべてを回避できるわけではありません。
やはり、安全な聖地を求めていたならば、必ずそこには泉があり、そして、草原と森林がうまく交差しながら、風と光を取り入れ、豊かな大地となることを想像しなければなりません。
今7つの聖地の中の、黒姫山を中心とした、大体の計画は整いましたが、これからまだ、いくつもの課題を残しています。
北海道の聖地も内定が進み、いよいよ動き出しました。
山陽地域においては、大体の目安で、この2月から大きく動き始めます。
このほど、四国において、素晴らしい聖地が候補に挙がりました。
これは大変望ましいことで、大いなる安心に繋がることでしょう。
そのほかに、秋田の鳥海山を中心とした聖地、また九州の阿蘇山を中心とした聖地と、まだまだたくさんの課題は残っていますが、これから、それらは自然的に決まっていくことでしょう。
沖縄の聖地についても、もうすぐ答えは出てきます。
それほどあせる問題ではありませんが、2014年までには7箇所の聖地を設定し、そこでの繁栄を考慮した上で、どうそこに生きるかを考えなければいけません。

先ほど申したように、絶対的な条件は、湧き水があることです。
水を確保しなければ、何も始まりません。
そして、原発事故の影響をなるべく受けず、安全な農作物が作られることが、一番大きな安心に繋がることでしょう。
そのためには、今の私達の意識も、未来に向けて変わっていかなければなりません。
何故ならば、安全な場所聖地には、安心した意識が集い合わなければいけないからです。
欲やエゴの中で人間関係を組み立てていくならば、そういった安心は得ることが出来ません。
そこに住む人々の権利は、自分が作り出す心の豊かさの中に存在します。
誰から教わるわけでもなく、未来をこう変えたい、そして、未来でこう生きたい、二人以上の人が存在する限り、そこには必ずルールが生まれてきます。
みんなが信頼できる、そういう関係の中で、この危機的な環境が回避できるその日まで、未来の子ども達に勇気と安らぎを与えなければなりません。
必ず安全な場所は聖地となり、正しい意識の元に、正しい未来が作られていくことでしょう。

あせることはないのですが、その日のために、今から少しずつ準備しなければなりません。
ほんの小さな農業経験でさえも、大切な教えとなることでしょう。
豊かな心を得るためには、ありのままを受け入れるしかありません。
そのありのままが、いかに私達の心を豊かにするか、それは自然という、この大地がくれる、大いなる意識となることでしょう。
まだまだこの地球は、この大宇宙で最も素晴らしい、そして常に輝き続けている、そういった存在になっています。
決して恐れることはありません。
この地球は、まだまだ素晴らしい能力を持ち続けています。
その自然が持つ能力と、私達の意識が融合するならば、その聖地は必ず、価値のあるものとなるでしょう。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]