忍者ブログ

3月11日以来、この日本の意識や感性を含め、現実が一変しました。
何故こんなことが起こってしまったのでしょうか。
神々達は、人類に対して、何度も警告を発信していたはずなのに、私達はその前髪をつかむことが出来ず、常にそのチャンスを失ってきたのです。
今になって、そのチャンスの後ろ髪をつかんでみても、髪は手から抜け、遠くへ去っていってしまいます。
要するに何を言いたいのかというと、ここでは、髪の毛と神様を融合した形で、今皆さんに伝えているのです。
背中を向け、私達から去っていこうとする神をつかもうとしても、それは無理なのです。
前からやってくる神様を信じ、それにすがれば良かったのですが、今となっては手遅れかもしれません。

しかし、ここにもう一つのチャンスが生まれようとしています。
それは、デルファトラの意識により作り出された、現実におけるチャンスなのです。
しかしながら、そのチャンスを目の前にしながら、去っていく人は非常に多いのです。
今回、デルファトラの科学の中で、最も優れた科学者が、皆さんに提案しているのです。
そしてその提案が、否定されることなく現実化する為には、物質的現象の存在が条件付けられてきます。
その為に作られたのが、ゼロバランス誘導調整装置、ゼロバランス類ウォーターなのです。
ここには、デルファトラの大いなる科学と、地球に生きる生命体にとっても、大いなるチャンスが存在します。
この未知的な現象の中で、理解出来ない人が去っていくことでしょう。
しかし、このゼロバランスの法則とこの水の存在は、人類にとって絶対不可欠なものであるに違いないのです。
起こりうる現象を地球の科学で判断しようとしても、それは答えを見出すことは出来ません。
例えば水において、よくクラスターという言葉を耳にしますが、そのクラスターを計る装置は存在しないのです。
今地球上で容易く計れる装置は、いくつも存在していません。
たかだか、電位差とか、例えばばヘルツとか、そんなレベルでしかないのです。
デルファトラの科学の中では、ゼロバランス保有率の計算式や、水におけるメモリー量の測定も出来る画期的な機器や科学が存在しますが、まだ地球では、そして人類には、そのような科学は存在していません。
古代文明が残したオーパーツや、例えば水晶どくろに書き込まれたデータすらまだ読み取ることが出来ません。
昔の人がCDから情報が取り出せないのと同じように、人類はまだ鉱石や水などから情報を取り出すことは出来ていないのです。

今回発信されたデルファトラの科学、それを前髪と捉えた人は、そしてそれを掴もうとした人は、大いなるチャンスを手に入れたことになるでしょう。
しかしながら、前髪を掴もうともせず、通り過ぎていく人達が多いことも現実です。
またせっかく、目の前に現象として現れていながらも、その人の持つエゴで去っていく人が多いことも事実です。
デルファトラの科学を、人類が持つ、自分達が持つ科学で判断しようとするから分からないのです。
比較しないで下さい。
もっと素直に、目の前に起こる現象を捉え、そこからの始まりを考えるべきではないでしょうか。

PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]