忍者ブログ

波動の科学などでよく使われる言葉に、転写という言葉があります。
情報を上手くそこに転写し、その情報を引き出す側に都合よく重ね合わせながら改善していく、とても有効的な方法の一つだと思われます。
しかしその情報が、環境問題の定義の中で破壊されることは、とても残念な事実となることでしょう。
 分かりやすくいうと、例えば、お水にある情報を転写し、その方にとってとても有効的な転写水が出来たとしましょう。
しかしながら輸送中、トラックや他の車の低周波や、送電線の下を通った時の電磁波や、電車における色々な周波数の影響をその水は受けてしまいます。
どんなに鉛の箱で包んだとしても、振動における情報の破壊は限界を超え、確実にその転写水をただの水にしてしまうことでしょう。
ましてや、家に届き、栓を抜き、残った水をしまう冷蔵庫には、電磁波や振動、そして家の中にはクーラーやテレビも存在します。
その上、掃除機やドライヤーから出る電磁波など、その水はあらゆる妨害行為を受けることになります。
よって、あなたの為の波動転写水は、あなたの家に着くまでに何の意味も持たない、ただの水となってしまうでしょう。

何故このように、それらの影響をそれほどまでに多く受けてしまうのでしょうか?
それは、水における情報の記憶と、その記憶の伝達のプログラムの中に、電子が使われているからなのです。
プラスの陽子と中性子は、孤立した状態の中で意識され、安定した方向へ保とうとします。
だから、波動的に転写するには、自由に飛び回り、自由に伝えることの出来る電子に委ねられていることは言うまでもありません。
中性子の中に入っているとするならば、先ほど行ったように孤立した存在ですので、何の役にも立ちません。
あくまで共有結合、それは電子の共有であり、中性子の共有ではありません。
何故なら、中性子を持たない水素が、酸素と結合し、水の分子構造を作っていることの方が多いからなのです。
また陽子は、非常に傷つきやすい存在でもあります。
そこへの書き込みは、逆に危険を要します。
そして自由が奪われた世界では、役割を十分果たすことは出来ないでしょう。
要するに、一般水にそれがどんなに美味しくまた科学的に素晴らしく作られたものであったとしても、この問題を解決することは不可能なのです。

しかし、デルファトラの水の科学の中では、メロディを奏でながら、意思と意識を尊重し、一度転写された情報がそれを必要とする人に届き、その人がロックを開けない限りその情報を引き出すことが出来ない、そんな方法があるのです。
よって、交通手段におけるトラブルや家の中における危険な状態から、何の影響も受けない、そんな水が存在しているのです。
波動の科学は、決して侮れない素晴らしい科学です。
それを利用する人が、上文に掲げたような、間違いの中から存在していることも事実なのです。
しかし一部の人たちは、ゼロバランスフォーマットウォーターをより上手く利用することにより、もちろんそれはデルファトラの科学との融合を表しますが、今まで不可能とされてきた、社会生活における情報の破壊が自ら防げることにもなるのです。
このように、転写された情報への障害を極力抑えることが出来たならば、より多くの利用方法が考えられてきます。
新しい波動の科学は、物理学の中でも容認されることは決して不可能なことではないのです。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]