忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 全ての細胞には寿命があり、その鍵を握るのはテロメアと言う存在が不可欠であります。
 細胞は分裂を繰り返す内にテロメアの数が減り、やがてその消失と共に分裂されなくなり細胞は寿命を迎えます。特に皮膚の細胞ではそういった考えが横行しています。しかし分裂しない細胞も存在していると言われていますが、その内部ではミトコンドリアが分裂を繰り返し、結果的に同じ行為が起こるのかもしれません。
 まだほとんどが未知の世界で、全てが解明された訳ではありません。一体人間の寿命は、何歳位が妥当なのでしょうか。一説には百二十歳位が妥当だと言われていますが、そんなに生きられる人は皆、無に等しいと思います。出来るだけ長生きしたいそう誰もが思っていると思いますが、なかなか健康で長生きは難しいものです。
 分かっている範囲でテロメアを科学してみるとこれは染色体の各先端に存在し、分裂する事に消失するカウントの様なものです。そしてその元素的成分は水素結合と言われる部分があります。その水素イオンが欠損すると消失する様になっているのであれば、そこをもし補う事が出来たら大変素晴らしいのではないでしょうか。
 その為には体の中を自由に飛び回る、そして他の物とは区別される水素が必要です。しかしそれは水素イオンの定義を抜けず、生体水から発生するものでなければならないはずです。水素という元素の中でもH2ではなく、自由に結合出来る水から離れた遊離水素でなければいけないのです。口から入る時はあくまで水であり、その水に含まれる水素ではないのです。
 そんな幻の様な水があったら人間の寿命は延ばす事が可能になるかもしれません。ある芸能人がロシアに行き特殊な水を注射してもらい、八十歳を過ぎても元気に舞台をこなしていると聞いています。かなり高額な水の注射とも聞いています。
 確かにその理論が存在する以上、そういった技術も可能かもしれません。水素分子が多いのではなく水素原子と酸素が普通の値でなく共有された時、それは起こるはずです。決して不可能な話ではありません。八番目の酸素に電子が八個ある以上可能なはずです。その存在は夢を叶えてくれるそんな気がします。
 しかし水の持つ特性の中で、記憶された情報をどう処理されるかは大きな課題となるでしょう。生体異物反応しない、そんな幻の水が人類の未来を変えてくれるかもしれません。歳をとっても肉体年齢がいつまでも若々しくいられたれ良いですよね。
 やはりそんな時代がもうすぐそこにあるはずです。いつそれに出会うのか、いやもうすでに出会っているのかもしれません。人類は新しい時代を迎えようとしています。気付いた人は未来を期待して下さい。

 

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]