忍者ブログ

 地球に起こった全ての文明は、倭(やまと)から始まりマヤへと受け継がれていった。そして危機的な時を迎え今その秘密が明かされようとしています。
 今起こっている地球の問題は、かつて倭が犯した間違いと同一線上に存在しています。要するに自然的な現象ではなく、人間達の科学の未熟から起こる、非常に危険な現象だと言えるでしょう。具体的にはエネルギーに関する問題。これは燃焼という最も古典的な方法を使い、自然環境を著しく破壊の方向へと導いてしまったのです。今更になってフリーエネルギーを騒いでみても遅過ぎるのです。
 古代倭文明は、最終的には科学者の横暴により破壊の一途をたどってしまったが、その前に残された貴重な化学は、古代マヤ人に受け継がれています。中でも凄いものが太陽の利用方法、要するに太陽から降り注がれる全てのエネルギーをコントロールし、日常の社会生活に上手く利用したという事です。今の地球人は、光と熱をエネルギーに変える事ぐらいが精一杯で、それ以外のエネルギーは全く利用する能力を持っていないのです。
 地球の科学でも永久モーターや超電導物質又、水発電などの技術は有るのですが上手く利用されていないのが現実です。古代倭に起こった核における大いなる間違いが今、行われようとしています。このまま行くと必ずこの事により人間が住めない状態へと導かれてしまうでしょう。本当は科学者達は全て知っているのです。それなのに嘘をつき続けなければいけないという現実は、あまりにも悲し過ぎます。どこかで終止符を打たなければいけなかったのです。動き出した間違った科学の列車はもう、誰にも止められないのかもしれません。
 今ここには二つの大きな問題があります。一つは壊してしまった物をどう元に戻すのか、もう一つは新しい物をどう組み立てていくのか、要するに放射能汚染された地球をどう元に戻すのか、又核エネルギー物質をどう無害化させるのか、今の人類の科学では完璧に不可能な問題を抱えているのです。
 そしてその後、新しいエネルギーをどこから見出すのか、問題は山積みの様に残っています。この様な化学の未熟の中では前に向かって前進する事は無謀と言えるでしょう。地球そのものは人間に対して、あらゆる方向から生きる権利を与えています。ただその中で自然と共に生きるだけで良かったのではないでしょうか。しかし地球も資源という素晴らしいプレゼントを人間達に与えてくれました。その資源は加工せずにそのまま使えば良かったのですが、逆に今の結果をもたらしてしまったのです。
 確かにこの地球は、全てにおいてとても豊かな星と言えるでしょう。地球に起こった全ての文明は、同じ過ちの中で滅んでいきました。今の私達もその同じ過ちの中に存在しています。地球は又何万年もの歳月をかけ修復していくのでしょう。しかし人間にも出来る事があるはずです。
 今こそマヤに受け継がれたその科学が蘇り、平和的に有効利用されるべきではないでしょうか。日本に住む倭一族は、マヤに受け継がれたその科学を、逆から受け取る事により理解出来る様になるのです。なぜならばこれは一対のセットであり、同一民族だからこそ行われる神秘の儀式なのです。もうすでに倭民族の一部の人達には、その能力はインストールされ現実の物となっています。
 古代倭が残した究極の科学は、人類の犯した大いなる科学の間違いを、正す方向へと導いてくれるでしょう。放射能汚染を解決するのはさほど難しい科学ではありません。水の中では全てがイオン化するという現象をとらえたならば、水の在り方を変えるだけで容易く解決出来るのです。脱イオン化科学で処理する事により、この危機は乗り越える事が出来るのです。
 生命科学の中で人類がまだ到達出来てないのが、微生物におけるその特徴と現象です。彼らの生きる能力を使えば、お酒が造られる様に石油を作る事などさほど難しい事ではないのです。今回起こっている現象も彼らの能力を使えば、要するに放射能汚染もそんなに大きな問題ではないのです。
 大地は彼らの寝床です。彼らがベットメーキングするだけで全ての生命体に有効利用されるのです。そのもたらす恩恵は私達人間にも大いなる利益を与えています。彼らをもっと知る事により地球環境は必ず改善される事でしょう。地球に生きる全ての命の役割が理解出来た時新しい未来が開かれる事でしょう。ヤマトとマヤが残したこの究極の科学は人類の為にあるのです。
 倭民族達よ気付いて下さい、思い出してください、遺伝子に書き込まれた情報ノインストールプログラムを。もうすでに古代マヤの科学が地球に向けて発信されています。ただ受け取るだけでその科学は現実の物となるでしょう。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]