忍者ブログ

 悪党という言葉があります。
 政治も自民党とか民主党とかある様に、必ず集団意識の中で物事を図ろうとしています。良い方へ向かっていくのならばそれは素晴らしい事なのですが、悪い方に向かう時も数の定義は強い力を持っています。政党を作って政策にあたる事は当たり前の事ですが、これが政治や社会現象の中で少し変わった形で起こる事も良くあります。
 意見の食い違いで主流から離れていくのならともかく、エゴを通そうとして離れていった人達が、同じ様な経験の持ち主達と仲間を作る事がよくあります。一人よりも二人。二人よりも三人といった具合に俗にいう党を作り出します。悪党もれっきとした政党なのです。この様に裏で何か悪い事をしようとした人達は仲間を集います。
 要するに悪が政党を作るという事になります。悪い事をしょうとした人達が、一人の心細さを埋める為に党を作るのです。本来なら堂々と正面から意見を述べたら良いのに、コソコソしようとしてロクでもないものまで呼び寄せてしまう、そういった失態を繰り返す事になるのです。冷静判断を常に要求されているのに焦りが先に立ち少しでも先に解決を急ごうとして、逆に間違った方向へ進んでしまうんです。周りの人はそれが良く見えていて、本人達だけが分からないでいるのです。そして間違った仲間同士が集まり、新しい結果をもたらし、それが正しいかどうか判断できなくなってしまうのです。
 能力の有る仲間が集まり物事を図るのならともかく、意外とどうでも良い人を集めてしまうのです。又自分を正当化するには多くの人の賛同が必要とされます。だからこそ都合の良い人達だけがそこに居て、何も意味のない結果となるのです。少しだけ冷静に自分を見つめ直してみてみたら、色々な事が分かってきます。一番の間違いは焦りと言う事に成ります。自分が正しいと思うならば正々堂々としていれば良いのです。賛同を求めれば求める程、周りの人からは滑稽に見えるのです。しかし本人は気付く事はありません。なぜなら始めからエゴを通そうとしているからです。
 悪が悪と呼ばれる所以(ゆえん)がそこにあり、いくら党を作ってもそこから抜け出す事は出来ないのです。これからの社会において通用するものとしないものがあります。いくら巧妙に仕組んだとしても、騙され続けた人達はもう騙される事はないのです。景気が良かった少し前までは安易な発想でも良かったのですが、物事を慎重に考え出した今、誰もが疑って考える癖がついてしまったのです。ましてや同じ物事で同じ人を二度騙す事は、大変難しく成りました。それでも騙そうとしている人達が居る事がとても残念に思います。
 人間関係の難しい点は、知り合いだからといって良い人とは限らないのです。しかしそこでその人との関係がある為に、安易に拒否する事も出来ず損をしてしまう事もよくあるのです。ましてやそんな中で自分と上手くいかなくなった人との関係をその人にまで波及させるなどという行為は、本来ならば絶対にしてはならない事ではないでしょうか。
 いつかそれは必ず自分に返ってきます。世の中はそんなに甘いものではありません。
 その事に早く気づき、もう一度考え直す事が良いのではないでしょうか。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]