忍者ブログ
 今の社会に生きる私達にとって一番失いかけているものが、未来に対しての希望ではないでしょうか。少し前までは、この日本も景気が良く、大学を卒業し大企業に入るとか、夢や希望は沢山ありました。しかしこの様な時代に成り、そういった夢や希望は失われてしまったのではないでしょうか。
 これからの日本の未来を考える上で、どの様な方向性を持っていったら良いのか、この時代だからこそ逆に出来る事があるのです。大企業は諸外国に拠点を移し、空洞化した様にも見えますが、そこを逆手に取り、工場で農業をしている企業も沢山あるのです。こういった試みは大変素晴らしい事ではないでしょうか。今日本が置かれている立場は、非常に厳しいものがありますが、こんな時でも希望を持ち頑張っている人は沢山おられます。
 日本の技術はまだまだ世界に誇れる物もあり、中小企業といえどもプライドを持って活躍されている方も沢山おられます。一部の人達の中で、日本は行き詰まり破綻するかもしれないといった噂も流れていますが、けっしてその様な事はありません。ましてや日本の農業は素晴らしく、フルーツの品質においては、常に世界のトップを走り、見事としか言い様のない程の技術を持っています。又日本の気候は、それと上手く絡み合いながら相乗効果をもたらしているのです。
 そういった上からも希望に満ちた日本の未来は、永遠に続く事は間違いないでしょう。そして私達に求められているものは、具体的に何をするかであり、自分にとって未来にかける思いが確定したならば、希望はそこに必ず存在します。望まなければ何も始まらない、何を望むかは自由であり、足元にそれはいくらでもあり、見ようとすれば沢山見えてきます。水も豊富に有り、本当に豊かだった日本だからこそ見失っていたのかもしれません。
 今この時を向かえ、逆に大きなチャンスが目の前にあるのです。世界はまだまだ厳しく、日本程の豊かな島で暮らせるだけでも、大変幸せな事なのです。大自然に恵まれたこの日本で、これからの世界を変える程の現実も待っています。日本だからこそ出来る技術と環境は、私達を豊かな方向へと導いてくれる事でしょう。
 パンドラの箱が開かれた時、足の遅い希望だけが箱の中に残されたと言われますが、そんな事はけしてなく世界は希望に満ちた日々を送ってきました。しかし科学の行き詰まりと共に大変な変化を迎え、新しい時代へと進もうとしています。人口も地球の限界を超え、この激動的な時代をどう乗り越えるかは、それぞれ違っていても未来は必ず開かれるはずです。特にこの日本は役割が大きく、私達はその役割を理解し、前に進んで行かなければなりません。
 そして今日本も変わろうとしています。今までの延長線で物事を考えず、全く新しい発想が必要となります。もっと言うならば今までの考え方を捨て、発想の転換に挑戦してみてはいかがでしょうか。いかに観念から脱出するのかそこが問われるのです。教育という社会の仕組みから自由発想が失われ、社会のパーツとして生きてきたのは、もう終わりにした方が良いのではないでしょうか。希望という言葉はそうある事を望むという意味です。
 だからこそ具体的にそれを望まなければなりません。一つここで提案させてもらうとしたならば、素晴らしい大地に基づいた農業ではないでしょうか。これからの日本の未来は、工業から農業へと変更していく事が、一番望ましいのです。しかもそれは一般的な物ではなく、農業における高級ブランド化が、日本を豊かな国へと導いてくれる事でしょう。
 北海道でもうすでにアップルマンゴーが作られ、長野ではパッションフルーツが栽培されています。農業技術は著しく進化し、世界中のフルーツが、日本で作られる様に成るかもしれません。
 日本に残された道は厳しいのかもしれませんが、希望を持って行えば必ず未来は開かれるはずです。
 資源のない日本にとってこの大地と環境は、豊かさへと導いてくれる事でしよう。
PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]