忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

他力本願という言葉を、よく耳にすることがあります。
また、このことを、棚から牡丹餅というような形で理解している人も多いでしょう。
実際私達が、色々な願い事をするときに、神様どうか宜しくお願いしますと願ったならば、確実にこれは、他力本願説を証明するような、現実の出来事なのです。
お正月、また二年参り、神社やお寺に行ったり、神棚のお札を新しくしたり、また仏壇に手を合わせたり、私達人間は、この日常生活の中やお正月の行事の中で、一体どれだけの他力本願をしていることでしょうか。
今までこの願いが叶うか叶わないか、神様や仏様へのお願い事が、これら全てが、他力本願説の中で存在する出来事ということを、改めて認識してみたならば、余りにも多いことに気付かされます。
人にちょっと声をかけるときも、気を付けて下さいねとか、お大事にとか、お幸せにとか、こういった言葉全てが他力本願の中にあることを、誰もが認識することは、今までなかったかもしれません。
自分が実際に手を下し、なすべき行為をしたときに、初めてそれは、実質的な行為であり、他力本願とはいえませんが、それ以外の出来事、要するに、誰かが何かをしてくれるだろうと思うこと、それも他力本願であり、それが意識的な行為の中では、ほとんど全てが、他力本願といっていいでしょう。
他力本願説を、逆にうまく利用しようとしたならば、私達は、豊かな思いの中で、そして不安が極力軽減され、願うことにより、幸せに生活することが出来るのです。
こういった行為から考えても、全てが他力本願の中に存在し、神への要望と自然への要望が、うまく交差しながら、現実というものが存在しているのかもしれません。
人間関係においても、仲良くしようねとか、けんかしないでとか、言い争いをしないようにとか色々ありますが、そう願う行為が全て、他力本願なのです。

 一体他力本願とは何か。
 そしてどうしてこういうような感性が私達の中に生まれてきたのか。
 何故他力本願でなければならないのか。
 自分の手で確実に築き上げることが何故出来ないのか。
それは、未来を予測する中で、逆に、未来のあり方が見えないからこそ、その未来の不安を解消するために、絶対的に行わなければいけない行為が、他力説なのです。
ここで、他力と本願を分けて考えてみると、よく解ります。
本願とは、自分が望む、最大なる意識の帰着点であり、本願を遂げることが、人生の全てでもあるのです。
本願という意識の中に、逆に本願を求めるために、私達は毎日生き、そして生活しているのです。
 本当の願いは何なのだろう?
 根本的な意識は何を求めているのだろう?
極楽浄土という言葉がありますが、この極楽浄土こそが本願であり、そこに向かって今何をすべきかが、大いに問われているはずなのに、その本願の前に、他力という言葉がついてくるのです。
この他力とは一体何なのでしょうか。
よく「私は無宗教」という人がいますが、果たしてそうなのでしょうか。
先ほどまで述べてきたように、願い事をかなえてくれるのは、確実に他力であり、それは神であり、自然なのです。
要するに、他力的な行為は、自分以外の大いなる力に対する願いであり、その大いなる力が存在するからこそ、起こる行為なのです。
その大いなる力を、それを人々は、神と呼ぶのです。

他力本願の、本当の意味が理解できてきたときに、本願を唱えることが出来るのが、それは神のみであり、自分では、願う以外に、自分の実力だけでは到底無理な世界なのかもしれません。
他力、要するに他の力に頼り、自分以外の力の中に、意識の豊かさが存在し、現実に甘んじた行為が、常に繰り返されているのです。
逆にこのことが理解できたならば、私達は他力で生きることが、最も自分の心を豊かにする方法となることでしょう。
しかし、他力が有効性を持つためには、自力で何を行うか、ということが求められてきます。
他力へのエネルギーは、自力の持つ潜在行為の中に発する、有効性を持ったエネルギーが、他力と共有しながら存在していることを忘れてはいけません。
要するに、他力のエネルギーは、自力によって生まれるということなのです。
この自力的エネルギーが、他力的行為を現実化させ、そしてそこに、本願が叶えられたならば、とても素晴らしい人生だったということが出来るのでしょう。

今年は、大変危機的な年だといわれています。
自力で解決できないことが、余りにも多く発生する問題があるのです。
より多くのことを願い、他力的な感性でここを乗り越えることは、決して悪い好意ではないのです。
自然神を信じることにより、そして内なる神を信じることにより、私達は大いに豊かな意識へと導かれることでしょう。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]