忍者ブログ

何故1日が24時間で、1時間が60分なのか、不思議に思ったことはありませんか?
もっと解りやすく、例えば1時間が100分ならば、時速何kmで走ったら何分後にどこに着くのか計算しやすいのですが、時間的行為の中では、そのようなことは全く無視されています。
1分が60秒であり、その6の倍数の中に、すべての時間的観念が存在しています。
何故そのような形で時間が計算されるようになったのでしょうか。
これは、太陽と月と地球の関係の中で、365日が1年であり、28日が1ヶ月であり、地球の自転の1周が、24時間ということになっているのですが、その24も、本来6の倍数であるように、時間的意識というものは、先人達が編み出した、最高の技ではないかと思われます。
そこに水が大きく関わったことは、言うまでもありません。
全ての生命体は、水を体内に取り込み生き続けている様に、私達の体内時計における時間的観念は、水のサイクルの中に、大きく関係しながら存在しているのです。
この、1時間が60分のような、1分が60秒のような、要するに、6秒がいくつ重なるかということによって、その単位が変えられてくる、これが時間的存在なのです。

水という漢字を、その一番外側を繋ぎ合わせると、六角形となります。
雪の結晶が六角形で作られるように、6という数字は、この水の結晶構造と、水のサイクルの中に大きく関係してくるのです。
水の1サイクルが6であり、また水の結晶といわれる水晶も、6の倍数の中でサイクルが刻まれています。
もちろん結晶体は六角形をしています。
中心から6方向に広がる軌道の中に、そして中心を合わせると、7という、現実性を持った形式が生まれてきます。
6と7の関係の中に、7は形が作られ、6は流動性の中のサイクルを表してきます。
この6サイクルの延長線上に、時間的観念が生まれ、私達が持つ時計が、そのように動いていることは言うまでもありません。
そして時計の発振に最も有効性をもたらしてきたのが水晶であり、この水晶のサイクルが、今の時計を作り上げていることも、言うまでもありません。
何故このような形で時間という観念が生まれてきたのか、とても不思議に思われますが、逆にこのことは、大変素晴らしい現実と、有効性をもたらしてくれています。
水のサイクル、大宇宙のサイクル、クォーツ発振における音のサイクル、こういった中に、私達の体内リズムとうまく絡み合いながら、現実の時間という観念が存在していることは、大変素晴らしいことと思います。
この時間という観念の中に、もう一つ素晴らしいことがあります。それは、夜中の12時が、0時0分であり、真昼の12時が、また0時0分のように存在していることです。
何故1日の始まりが、暗闇の中からスタートするのでしょうか?
このことをちょっと考えてみると、すぐ解りますよね?
月の始まりが、新月であるように、時間の始まりも、暗闇から始まり、時間の最高点が、真昼の12時ということは、それを月で表したならば、当然満月ということになります。

月の新月と満月、28日のサイクルと、24時間のサイクルは、7の倍数と6の倍数の関係の中に存在します。
この二つの関係は、先ほども言ったように、中心点を加えるかどうかで変わる、ただそれだけのことに過ぎず、現実的には、それは同じものと理解されても、全く不思議はないのです。
中心を入れると形になり、現実となり、中心をなくすと6となり、それは流動性の中に存在する、要するに、時間は常に過ぎることを意味します。
6の倍数の中にあるからこそ、時間は流れ続け、留まることを知らないのです。
7は形とし、現実とし、結晶とし、水晶のように持つこと触ること見ることが出来ます。
要するに、7と6の関係の中と、6のサイクルが流れていることがわかったならば、地球の回転と留まることを知らない宇宙の関係、要するに、動き続けているもののサイクルが、すべて6を基点とする法則の中に存在しているのです。
1日が24時間で、1時間が60分、1分が60秒と、この感性は、動くことを宿命とした、その流れの中に存在する、絶対的な定義付けなのです。

PR
時間について
6のサイクルに時間がありますが、1秒の下は何故100分の1秒と言うここだけ100なのでしょうか?知人に以前そう云われ疑問のままでしたが、今日のブログを読んでこの疑問を思い出しました。
miya 2012/01/25(Wed)14:12:13 編集
Re:時間について
元々、1秒以下の単位はありませんでした。
1秒以下の単位が必要になったのは、オリンピックでの測定のためです。
時間的観念からすれば、1秒以下の単位を作るのであれば、60で分割するべきですが、コンピュータの演算は60分割よりも100分割の方が都合がよかっただけに過ぎません。
こんなところで、回答になっていますでしょうか?

コメントありがとうございました。
【2012/01/26 14:48】
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]