忍者ブログ

私達にとって、最も素晴らしい出来事は、生を持つことであり、命をいただき、この世に生まれてくることが、この次元において最大なるテーマであり、この次元があるからこそ起こり得る、一番素晴らしい出来事なのです。
その逆に、一番悲しい出来事は、死であり、その死から逃れるために新しい次元を求めようとしても、この死という帰着点に向かうことにより、生きていることの喜びを、逆に感じることが出来るのです。
死が悲しい出来事であり、一番の恐怖と考えると、死後の世界の不安が、今生きる私達の現実のものとなりますが、逆に死があるからこそ、生きることの素晴らしさを認識できるのかもしれません。
この三次元に起こる、生と死という二つの出来事は、喜びと悲しみを知るために、必要な出来事となっています。
そして、生まれることによって、生きることの厳しさや、具体的に言えば、生活のリズムそのものが、楽しかったり苦しかったり、そういった心の変動により記憶は作り上げられ、それを人生ということで、私達は認識しています。
その人生における、悲しみや苦しみから逃れ、また死という恐怖をどう考えるかにより、神社があったりお寺があったり、そういった宗教が、存在していることは間違いないのです。

でも逆に、その死という恐怖があるからこそ、そこで生きる私達人間は大きな役割を持ち、しかもその恐怖は、三次元にいるからこそ起こる現象であり、そこから逃れるために、高次元化とかアセンションとか、死のない世界を望もうとしても、それが正しいとは言い切ることは出来ません。
何故なら、死のない世界を望んでしまったならば、生まれることの喜びを失うことになるからです。
この最大なるテーマの、この地球で生きる、命が授けられるというこの喜びを、失うことになるのです。
そのような世界で生きて、本当に素晴らしいのでしょうか。
私達は肉体を持ち、その肉体は、ときに傷つき、病気で苦しむ人もたくさんいますが、また怪我などで生活に不自由する人もたくさんいますが、だからといって、その重い肉体を引きずることをやめ、死のない光の身体を持てたとしても、本当にそれは素晴らしいといえるのでしょうか。
あらゆる苦しみの中から見出される一片の光は、心を豊かにするのです。
触ることの出来る喜びは、安らぎと安心をもたらしてくれます。
見えること聞こえることの喜びは、豊かな心を作り上げてくれます。
要するに、肉体があるからこそ起こる現象が、私達の最大の喜びであり、そして寂しさを補うためにも、肉体における現象の中で解決が出来てくるのです。
三次元の出現は、前にも述べたように、この大宇宙の究極の科学によって、無から有への転換として行われた、最大のプロジェクトです。
この科学を超える世界は、この次元界において、存在することはないのです。
要するに、三次元を作り出すためにどれだけの苦労をしてきたのかということは、何度も言い続けてきましたが、この物質社会だからこそ、私達はこの豊かな心を持つことが出来たのです。
脳の中における、肉体のエネルギーが関与するからこそ起こる現象なのです。

とにかくこの三次元は、全ての次元が必要とするエネルギーを賄うためにも、絶対的に不可欠な存在なのです。
このエネルギーがない限り、何も起こりません。
この高エネルギー帯の中で、私達の肉体が存在し、物質化現象が起こり、だから人間達にも、全ての命に対しても言えることですが、生と死が存在するのです。
死を恐れることは、この三次元のあり方について疑問を持つ、歪んだ世界に陥ってしまいます。
死を恐れることはないのです。
人間の死がサイクルであるならば、また、情報という世界が理解できたならば、肉体の死が人間の死でないことが、たやすく理解できることでしょう。
それを恐れる余り、アセンションとか高次元化とか、天変地異が起こったり、人類滅亡説が唱えられたりする中で、究極の生を求め、死を否定しようとしても、それは何の意味も持たないことがわかっていただけたと思います。
この三次元を、否定してはいけません。
これ以上の次元は存在しないのですから、この次元の中のあり方を、その全てを受け入れることが、より豊かな生き方へと歩む大前提となることでしょう。
もっともっと楽しんで下さい。
触れること、見られること、聞けること、喜びも悲しみも、もっと楽しんで下さい。
この三次元が、とても素晴らしい次元であることを、もっと味わって下さい。
今起こっているこの危機的な現象も、この三次元下における科学は、もちろん人間の科学ではなく、神々達が作り上げた、その科学の持つ自浄作用により、必ず蘇ることでしょう。
恐れることはないのです。
このような出来事は、地球は何度も経験しているのです。
私達がそれを、知らないだけなのです。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]