忍者ブログ

「そんな気休めを言わないで下さい」
答えがそう返ってきたとしても、言っている本人はそういうつもりではない場合が多いのです。
お世辞とか、繕いとか、例えばリップサービスとか、色々な形で私達は日常生活を営んでいます。
もし真実ばかり、そして思ったことをそのまま伝えていたならば、社会生活はどうなることでしょうか?
誰もが皆、自分のことを悪く言われたくないし、それなのに影では人のことを悪く言い、そして本人と会うと、作り言葉でその場を繕います。
人間社会そのものが、騙し合いと嘘で塗り固められた、真実の見えないところで、多くの人が生きているのです。
本当に気の休まることがないのが現実です。

そんな中で、気休めという言葉を、悪い方に考えずにもっといい方向に考えましょう。
この世の中は、気の休まらないことばかりなのです。
肉体の疲れは、眠ることにより、ある程度改善されます。
悲しみや苦しみや不安は、逆に肉体の安らぎを妨害してきます。
気が休まらないと身体も休まることがないように、お互い相乗効果の中で、肉体も心も生き続けているのです。
気を休める方向に自分を導き、そして人にもそのような優しさを感じさせてあげることが出来るならば、それは決して悪いことではありません。
気が休まることが、生きる為の条件の中で、最も大切な出来事なのです。
しかし、そこに打算的な考え方で、それを行おうとしたのでは、つけを未来に回すだけのことになってしまいます。
今解決出来ることに、それがどんなに苦難の道であったとしても、立ち向かう勇気が必要となるのです。
そして、お世辞でもいいから、他人からの一言が気休めになったならば、それはそれで素直に受け取るべきではないでしょうか。
繕いの中で生きている私達が、真実をありのままに伝えたならば、社会生活は確実に壊れます。
人はそれぞれ、自由な思いの中で、自分を表現しています。
その表現方法に、自分と沿わない点があったとしても、人々はそこを隠し、お互いを褒め合い、これは慰めではない思いの中で、繕いが営まれているのです。
情けないようにも思われますが、これが社会生活の中で、大切な行為の一つなのです。
人はたった一つの言葉で傷つき、またたった一つの言葉で安らぎを感じることもあります。
気の休まらない人生が、自分の脳を破壊し、社会から離れようとします。
これが現実逃避、そして、自己の滅亡なのです。
大切なことは、どんな方法を取ろうが、自分の中における気をどう休めてあげるのか、これが大きな課題となるでしょう。
気休め、それは、絶対必要な条件であり、生きる為に大切な法則なのです。
気を休めることが出来たならば、身体も元気を取り戻し、心は豊かになるでしょう。

意識や思いや、観念や心が、何によって管理されているか、もう分かっていただけたと思いますが、私達人間の気の力により、そこは管理されているのです。
かといって、気力という言葉だけで解決出来るような簡単なものではありません。
この気とは、どこから生まれ、何の為に存在しているのか、そして何を意味するのか、気の世界のエネルギー体がどのような形で作られ、そしてどのような方向へ進むのか、その行方により、全く違う意識が生まれてくるのです。
肉体と気、これが全てのエネルギーの根源なのです。
私達人間は、肉体や意識や心は、見えている部分は肉体のエネルギーに依存し、見えない部分は気のエネルギーに依存しているのです。
そしてその気のエネルギーは、物質をも動かす、計り知れない程の力を持っているのです。
だからこそ、この疲れの正体の中で、気の存在は大きいのです。
寝なくても、食べなくても、たった一言で、その疲れ果てた気を癒すことが出来るのです。
気が休まる、それは時間を超えた世界に存在し、一瞬の解決が可能な、極めて重要な部分であります。
その気をもう一度理解しながら、いかに休めるかが大切となるでしょう。

PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]