忍者ブログ

ギリシャ神話の中で最も馴染みの深いものに、パンドラの箱の伝説があります。
パンドラという娘が、ある日小さな壷をもらい、絶対に封を開けないでと言われたにもかかわらず、開けてしまったのです。
今ではその壷が箱に変わってはいますが、それはさほど大きな問題ではありません。
神は何故、パンドラという女の子にその箱を渡したのかが未だに謎です。
パンドラは好奇心が旺盛で、我慢出来ずその箱を開けてしまいました。
その日から人間界に、悲しみや苦しみや怒りや騙しや、今私達の社会で繰り広げられている様々な出来事が起こるようになり、そしてそれは私達人間の心を大いに傷つけるものであります。
 なぜ、どうして、開けると分かっていながら、パンドラに箱を渡したのでしょうか?
これは仕組まれた大いなる罠の始まりなのです。
しかも、パンドラにその箱を渡した神の名は、この大宇宙を作り上げていった、偉大なる宇宙創世の神、ゼウスであったことが余りにも皮肉めいています。

親鸞聖人(しんらんしょうにん)が、悟りを開かれる中で、一番心を痛く悲しまれた出来事の中に、こんな言葉があります。
「人は、なぜ争うのですか?」
彼はこのことを追求しながら、浄土真宗という法則を悟りの中から開かれたのです。
本当に、どうして人は争うのでしょうか?
その原因が、パンドラの開けた箱のせいだなんて、親鸞聖人でさえも思いつくことはなかったでしょう。
パンドラはあわててその箱を閉めましたが、間に合いませんでした。
そしてもっと悲劇的なことがそこで起こります。
それは、足の遅い希望だけが取り残され、閉めた箱の中で長い時を過ごすことになるのです。
今こそもう一度、パンドラはその閉めた箱のふたを開けなければなりません。
その第二のパンドラの箱を開けることにより、真っ先に飛び出してくるのがきっと、希望という未来に向かう光の渦なのではないでしょうか?

私達は希望することに、大いなる意味を持ちます。
そして希望を具体化することにより、その願いはきっと叶うに違いありません。
 なぜなら希望とは、そうあることを望むこと。
昔の神は、自然が豊かでありますように、お米が沢山取れますようにと、常に希望していました。
具体的な思いを希望という船に乗せ、現実化させることは、決して難しいことではないのです。
パンドラがばら撒いた憎悪の念も、希望により排除することが可能となることでしょう。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]