忍者ブログ

未来に向かって歩き出そうとした時に、その一番の障害となるものが、今日まで生きてきた過去にあります。
過去の積み重ねの中に今が在るように、今の自分は過去の結果の中で存在していることに気付きます。
そして未来に向かおうとした時に、過去に起こった出来事や、また過去の習慣の中から生まれた、癖や考え方に囚われて、新しい未来を築く事が出来なくなってしまいます。
未来に、そして新しい未来に進もうとしたならば、必ず過去に残してきたつけを、全て清算し、きれいにしなければいけません。

今私達の生き方は、一軒目の飲み屋さんでお金が足りなくなってつけをしてきて、そのお店に行きづらくなって、二件目の飲み屋さんに行く。
そこでもまたお金が足りなくなって、付けをしていく。
そしてまた、二軒目の飲み屋さんにも行きづらくなってしまう。
そんな状態に似ています。
これが飲み屋さんではなく、人間関係の中でも、同じようなことが、往々にしてよくあります。
お金を借りた人が、貸した人よりも立場が強く、返さない人の方がはるかに多いのです。
こんな社会が良い訳がないのです。
やはりどこかで、全ての過去を清算し、新しく旅立たなければ、明るい未来は拓かれないはずなのです。
現実を、そして物質的な現象ももちろんですが、私達には意識や心や思いや考え方があります。
今までの考え方が、未来の足を引っ張るような考え方であったならば、それもどこかで清算しなければならないのです。

明日から頑張るぞという時、一番初めに出る言葉が、「よし」です。
皆さんも「よし、頑張るぞ」という言葉をよく使っていますよね。
このよしという言葉は、意識における過去の清算なのです。
おばあちゃんが孫をおんぶして、お尻をたたきながら、「よしよしよし」と掛け声をかけてくれます。
そして常に「いい子だいい子だ」と言ってくれます。
そしておんぶしている孫は、安心して眠りにつくことでしょう。
こんな掛け声や、思いの中に、実は過去の清算という、大変素晴らしいプログラムが存在しているのです。
よしという言葉を漢字で書き表すと、良もまたよし、善もまたよし、吉もまたよし、これらは全て、よしと読むことが出来ます。
よしという読み方がつく漢字が、未来を作り出す架け橋のような文字になっていることに気付きます。
良・善・吉。
これらは未来を想像し、また新しい未来を築き上げる為の、大いなる意味を持つ言葉であり、全てをここに置き換え、過去を清算しなければ、何も変えることは出来ないのです。
過去に起こった、それが余りにも不幸な出来事であったとしても、決して無駄なはずがないのです。
それをよしとした時、初めて私達は、未来へと向かうことが出来るのです。

全ての過去に起こった出来事は、その人の未来の為に、役立つ方向へと導かなければ、何の意味もないのです。
後悔したり悩んだり、恨みを持ったり、そこから逃げたりしても、新しい未来を築くことは出来ないのです。
やはり過去の清算、そしてそれを全てよしとしたならば、過去に起こった出来事が全て、意味を持ってくることでしょう。
清算が出来なければ、新しい未来が拓かれることは、難しくなってしまいます。
いかに過去を清算するかが、今一番大切なこととなるでしょう。
しかも、意識における世界は、意識で清算することが出来るのです。
過去のつけを、未来に持っていかないようにして下さい。
未来は、新しく始まる、目の前の現実なのです。

PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]