忍者ブログ

3月11日以来、日本は大きな変化を迎え、人々の生活は著しく変わってきました。
中でも福島における原子力発電所の事故は、日本だけでなく人類そのものをも脅かす、衝撃的な出来事でありました。
しかし私達は、この地球、この日本で、生き続けていかなければなりません。
今、大いに騒がれている放射能汚染について、3年後、5年後、人体にどのような影響が出るのか、今はまだ分かっていません。
しかしながら、ロシアの事故から考えると、かなり大きな現象が起こることは避けられないでしょう。
特に私達の住む日本は、豊かな国で、季節を通し色々な環境を作り出しています。
中でも、やはり食べ物は国産のものを食べたいと誰もが思うでしょう。
しかしその食べ物も、かなりの勢いで汚染され、半減期が30年と、とてつもなく長い間、放射性物質のついたものを食べざるを得ない状況です。
どこに安全があるのかは、未来の結果からしか答えを見出すことが出来ません。
だからこそ、今一人ひとりが、安全管理を自ら行う以外に手立てはないのです。

中でも、日常生活で絶対的に不可欠なものに、水があります。
この水が今、放射性物質に汚染されてしまっています。
東北地方はもちろん、東京都の水道水やまた浜名湖や琵琶湖のような大きな湖に、雨が降る度に放射性物質が流れ込み、日増しに汚染濃度は高くなっていくことでしょう。
そんな中、多様な研究機関の中で、放射性物質を取り除くことに対しては、かなりの勢いで研究が進んでいると思われます。
しかし、ただそれは水の中に含まれる放射性物質を取り除くだけに過ぎないことで、放射性物質に触れた水はすでにかなりの勢いで、被曝しているに違いありません。
ましてや水は、情報を記憶するといいます。
そういった面から見ても、その記憶は放射線という、人類を恐怖に陥れる記憶となることでしょう。
逆に、フィルター等で放射性物質を水から取り除く為に、そのフィルターそのものが高濃度汚染物質になってしまいます。
その高濃度汚染物質のフィルターを水が通り抜けてくるわけですから、かえって水は情報被曝し、恐ろしいものとなることでしょう。
それなのに、そこまで考えずに、取れるからなどと言い、非常に危険な行為を行っている人々が多いことも事実です。

もっと分かりやすくいうと、被曝水は飲めない、ということになります。
 なぜならば、私達人間の脳は、その情報を的確に読み取り、かなりの勢いで、生命維持プログラムに悪影響を与えることは間違いないからです。
今までも、何万ガウスという強い磁気をあて、菌が繁殖しないから清潔で良いわ、という考え方もありましたが、ここにきて皆さんの知識も豊富になり、磁力線=レントゲン、即ち強い磁力線が、放射線の一種のX線(エックスせん)であったことを知ってしまいました。
磁石が水を被曝させていた為、菌が繁殖しなかったということになってしまいますよね。
これは衝撃的な出来事となるでしょう。
これからの私達が求めるものは、そして最優先されることは、安全である、安心して飲める水でなければなりません。
しかしながら、被曝した水を安心して飲める水へ変える科学は、デルファトラの科学者しか持っていないのです。
今こそ、そのデルファトラの科学を使い、被曝した水をフォーマットし、安心して飲める水へと変えていかなければなりません。
これは真っ先にしなければいけない重要な事柄となるでしょう。

PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]