忍者ブログ

私達は、神から頂いた五つの分け魂(みたま)と、それに伴う七つの霊体を持っています。
よく、なくて七癖と言われますけども、その通り人間には沢山の癖があります。
そして、意識も色々で、バイオリズムのように上がったり下がったり、一日の中でも、本当に猫の目のように変化することもあるのです。
一日同じ気持ちでいられたなら良いのかもしれませんが、時間に追われ、ちょっとした出来事に左右され、意識や気持ちは常に変化していくものでもあるのです。
こんな不安定な意識の中で、私達は日常生活を営んでいるのです。
たった一言で傷ついて、些細な出来事に悲しんで、ちょっとした間違いに怒りが生まれたりします。
一日の中でどれだけ、意識や心は変化していくのでしょうか?
朝起きて寝るまでの間に、何度そういった現象に遭遇するのでしょうか?

そして、それだけではなく、私達には思考能力があります。
物事を考えようとする力は、ある面、素晴らしいのですが、向上しようとする考え方があるとするならば、それを否定しようとする意識も存在してくるのです。
常に自己の中で、その戦いは繰り広げられているのです。
 なぜこのように、プラスの面とマイナスの面を持ち合わせているのでしょうか。
そして、肯定と否定が同時に存在したり、訳が分からない程この仕組みは謎めいているのです。
考え方に一方向性を与え、その方向に有利性が認められるならば、そちらに向かうべきなのに、あえてそれを否定し、間違った方向、また不利益な方向へと自分を進めることもあるのです。
分かっていながら、そのマイナスの方向へ自分を導いてしまうのです。
いやそれ以上に、悲劇の主人公を演じるかのように、それが好きでたまらないのかもしれません。
そして自分を追い込み、自分を傷つけ、自分の判断の誠実性のなさに、自分を存在させ、そして駄目にしていくのです。
階段を転げ落ちるように、人生は狂いを見せ、楽な方向へと、それがどんなに間違っていたとしても、進んでいってしまうのです。

こんなことが起こるのも、私達の心には自己滅亡という恐ろしい悪魔が住んでいるからなのです。
この悪魔は、常に間違った方向性を示し、意識と肉体が滅びる方向へと向かうことを目的としているのです。
私達は、常に戦っています。
自分の中にいるこの恐ろしい悪魔と。
 なぜ、神は、私達人間をこのような意識の下に作り上げたのでしょうか?
この誘惑してくる悪魔に、どう打ち勝てばいいのか、それを教える為だとするならば、残酷すぎる出来事といえるでしょう。
しかし、この悪魔がいることにより、この悪魔を上手く利用することよって、暴利をむさぼっている人も存在しているのです。
正しい方向へと進もうとすれば、必ずそこに妨害が現れてきます。
しかも、それも自分で、他人ではないのです。
このように、私達は意識との戦いの中で、日常生活を送っているのです。
しかしながら、悪魔だけではなく、実は天使も存在しているのです。
ところがこの天使は、悪魔よりかは気が弱く、小さな存在なのです。
でも、この小さな存在を認めることにより、その天使との会話により、私達は悪魔を退治する鍵を握ることが出来るのです。
天使はいつも、小さな扉の鍵を持っています。
その扉の鍵を開けると、そこには穏やかな自分の姿が見えるはずです。
そして、その自分は、悪魔に打ち勝つ能力を持った自分であることを認識することでしょう。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]