忍者ブログ

日常生活の中で、嘘をついてしまうことがよくあります。
自分を誤魔化すためや、逆に人を傷つけないためにも、嘘を上手に使うことによって、社会生活をより豊かにしたり、また過ごしやすくしたり、嘘というものは、使い方さえ間違えなければ、決して悪いものではないと思います。
しかしながら、嘘ではなく、それが騙しになってしまったとき、被害者を作ってしまうことになるのです。
また、相手が勝手に勘違いしてしまったり、例えば、リップサービスのような口からちょっと出てしまった、思いつきの事柄が、とんでもない方向に進んでしまったりすることもよくあります。
自分では情報を操作しているつもりがなくても、何気なく出てしまった一言が、それを捉える人の側から見たら、その人に関係する色々な出来事とうまく絡み合ったときに、その反応が良いか悪いか、全く発する側の人とは違う方向に進んでしまうこともよくあるのです。
自分では決して悪いことをしているつもりがなくても、その何気ない一言が、多くの人を傷つけることすらあるのです。
それは、決して騙しではないとしても、被害者が出てしまったときは、罪を持つことになってしまいます。

私達日本人は、たくさんの言葉を持っています。
良いか悪いかで、要するに、イエスかノーかで判断できない出来事が、余りにも多いのです。
人を傷つけないように、そんな気の使い方の中に、嘘も方便という言葉もありますが、上手について相手を傷つけなければ、それは優しさの中の一環なのかもしれませんが、相手の捉え方一つで、何故本当のことを言ってくれないのと責められたならば、逆に罪を犯すことになってしまうこともあるのです。
要するに、嘘と騙しの定義付けは非常に難しく、自分だけで解決できない問題が余りにも多いからなのでしょう。
相手の考え方を理解できるかどうかは、要するに、相手がどう思うかは、中々それを考えた上で何かを話そうとしたならば、非常に難しいものがあります。
自分では何の悪気もなく、むしろその人を楽しませようとしていった嘘が、日が経つうちに大きな出来事に変わってしまう場合もあるのです。
ただちょっと自分を庇っただけの言葉が、そしてたった一つの嘘が、それを正当化するために、次々と嘘をつき続けなければならなくなってしまうのです。
中には自分を洗脳し、嘘を正当化する自己暗示法則の中に自分を置きながら、活動している人もいらっしゃいます。
スピリチュアル系といわれる中で、自己暗示をかけようとして、そこに到達できず、知識の中でごまかそうとしているならば、とても残念な結果に陥ってしまいます。
しかしながら、そのようなテクニックは、本来は必要なものではないのです。
やがてその嘘は公の場に晒され、人々からは「騙したのね」と言われてしまうことになるのです。
今そういった方々が、本当の能力を持ち、本当の力を身につけることの方が重要ではないでしょうか。
ここに提案するとするならば、そういう高い意識を持ちたい人ならば、前に述べたような、チャクラについて、もう一度関心を持って、そこに触れてみてはいかがでしょうか。
きっと道は開かれるはずです。
人間達はいつも迷いの中で言葉を選んでいますが、それがあだになることが余りにも多いことに、驚かされることもあるのです。
嘘も上手に使えば、社会生活は円満に、人間関係は穏やかに、過ごせるのかもしれませんね。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]