忍者ブログ

 多くの人々が何らかの関係を持ちながら社会生活を営んでいます。
 一人一人の思惑が必ずしも理解されるとは限りません。そんな時、遠回しに物事を考え相手の腹を探りながら答えを見つけていかなければいけません。そして、自分の考えを有利に持ち込む為に相手の欠点を探しそこを攻撃します。その様な状態で自分の思惑が通ったとしても、最終的にあまり良い結果は得る事は出来ません。人間は時に人の荒探しをする事に慣れてしまい、良い所を見つける事を怠ってはいませんか。
 欠点がない人間はいませんが、誰にでも長所と短所はあるもんです。人間関係の中で最も難しい点は、お互いの短所をかばい合う事が出来ないそこにあるのではないのでしょうか。なぜかばい合う事が出来ないのか、それはかばい合う為には、お互いが自分の短所を相手にあからさまな状態で伝える事が出来ないからです。自分では分かっていても、それを目の前で言われたら悪口ととらえてしまい相手への理解に勘違いが生じてしまいます。
 素直に自分の欠点を相手に紹介をし、もしこんな事があったら注意してよねと言える人間がどれ程いる事でしょうか。誰もが皆その部分は隠したいものですが、他人は冷静に自分の事以外は判断しようとするので、隠し通せない結果となるのです。荒探しの得意な人はその部分を自分を有利な立場にする為、切り札としていつも持ち歩いているのです。しかし人間は都合のいい感情を持っています。
 欠点がその人を豊かにする事もあります。例えばおちょこちょいで間が抜けていてしかも天然ボケ、欠点だらけでも周りの雰囲気を明るくする事もあるのです。世渡り上手になる為には、自分の欠点を大いに利用してはいかがでしょうか。隠そうとするから探されています。一度素直になって、自分で自分の欠点を長所へと変える事も不可能ではないのです。人から自分の欠点を言われた時それを素直に認め、私も困っているのよと伝えたならば、相手は笑いながらその欠点を補う方向へ導いてくれます。
 その結果、まだまだ沢山ある欠点を探さなくなるのです。要するに荒探しされずにすむ様になるのです。人間は身勝手なもので、壊れた関係が突然修復する事や、たった一言でお互いの関係を壊してしまう。人間同士というのはそれ程、か細い糸で繋がっているのかもしれません。
 だからこそ余分な事は言わず、人の批判は最小限にしなければいけません。今は良くても、明日の人間関係は変わっているのかもしれません。寛大な心でたまには他人を見たり、言葉少なく世渡り上手になったらいかがでしょうか。
 

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]