忍者ブログ

 何気なく生きている毎日の中でふと足を止めると、そこには名も知らぬ草が生えています。ただそれだけの事ですが、そんな時その草の名前を知ろうとか、なぜそこに生えているのか、なんて言う事はどうでもいい事で、自分は何をしているのか、どこに向かっていくのか、仕事に追われ人間関係に疲れ果て、自然と会話する余裕すら無くしてしまっているのです。
 物事はほとんどは自分からの発想で、自分が正しいという観念の中から、結果的に事が進んで行っているのです。正しいと思わなければ何も出来ません。間違っているかどうか確認さえせず、生きているのが現状なのかもしれません。本来人間は自然に生かされ、役割を持っていたはずなのですが、自分達の生活に追われ、自然を見る事が出来なくなっているのです。
 なぜ野菜や果物は、人間に食べられる為に成長しているのでしょうか。植物達は毒を持とうと思えば、キノコの様にいつだって出来るはずです。あの毛虫達も、緑の葉を喜んで食べます。でも植物は文句言わず食べられています。こんな事を考えたら、今の人間達の生き方が植物に対して恥ずかしく思います。
 寛大な心で許し合いなさいなどと言っている人達も、植物の目から見たらどう思われているのでしょうか。ただの偽善者としてしか見られていないかもしれません。植物から比べたら人間の心は、あまりにもみすぼらしく思えてなりません。
 一体、私達は植物達からいや、自然からどう見られているのでしょうか。毎日の行動が身勝手で、自然の気持ちが分からず、人間がこの地球の地主の様に勝手な事して、環境を破壊しているのではないでしょうか。未来の地球に向け、人間も変わらなければなりません。自然が私達を受け入れてくれるかどうか、今のままでは難しく思います。
 これからは、自然が人間を裁く時代となります。彼らがへそを曲げたら人間は、この地球で生きられない事を今知って下さい。自然に私達はどう見られているのか、それが重要な事です。
 自分からではなく相手からどう見られるか、それが大切な事柄となるでしょう。

PR

 噂話にはいつも花が咲きます。なぜこんなに楽しく話が出来るのでしょうか。
 それは他人の話であり自分事でない為、何の責任がない為楽しく会話が弾むのです。人々が一日の時間の中で話す言葉の中で、ほとんどの領域を他人事か、もしくは仕事ごとかに領域が置かれます。自分事については、相当信用のおける友人でなければ話すことは出来ません。だから他人事に花を咲かせ一日の会話を楽しんでいるのです。責任がないからこそ、どうでも良い事柄だからこそ言葉が弾むのです。
 神が与えてくれた言葉を、噂話やそこに居ない人の悪口や、結果の伴わない議論に費やし楽しむ事は、決して悪い事ではないのですが、その噂話に左右される人が居たら、非常に大きな罪となります。噂話の事実関係を確認もしないで言葉の連鎖が始まったならば、そこに悪の意識がなかったとしても、被害者を作ってしまう危険性をはらんでいるのです。余分な話を面白おかしく楽しむ事は罪に当たらないと、考えている人が非常に多いのではないでしょうか。人を批判する権利が自分のどこにあるのでしょうか。
 いつかどこかで自分の事を、全く知らない人が話題にしていたら本人はどう思うでしょうか。良い話なら悪い気はしませんが、事実関係を無視した噂話だとしたら、どんなにがっかりするでしょう。評論家の様にテレビ番組の中で、勝手な意見を勝手に言うのはただの身勝手にすぎません。それを面白おかしく見ている方にも問題がないとは言えないのです。
 言葉の罪は、軽はずみな心から発せられて、知らない内に人を傷つけてしまう事もあるのです。しかし自分事については秘密を保持し、慎重に話す相手を決め、内容もひた隠しにしながら小出しにしています。この慎重性が本来、他人事であっても、必要なのではないでしょうか。自分事と他人事を同じレベルで考え、その人の心に入り自分事の様に理解出来たならば、今まで何て大きな罪を犯してきたのか理解出来るはずです。
 自分の都合によりましてや、自分を正当化する為に、人の悪口を言うなんてあってはならない事なのです。自分の押し付けな意見を理解してもらう為に、仲間を増やし言葉を上手く操り他人事を行う権利など、誰にもないはずです。人の見方はそれぞれで、良く見たり悪く見たり、その日によっても違っているのが現実なのです。人の事を安易な発想で軽率な言葉を発する事は、慎みたいと思う事もよくあります。時には言われる側に立ってみてはいかがでしょうか。
 未来の地球は穏やかな人が、和みの世界で暮らしていると言われています。今から準備をしなければならないはずです。人々の心がこれ以上すさまない内に、変える必要があるのでしょうか。

 よく病は気からと言われますが、確かにそれもあると思います。
 しかし現代社会ではそればかりとは言えません。最近一番多い癌や脳梗塞などは、気が原因とは思いにくいものです。社会生活の中では、私達が常に直面する危険は至る所に存在します。食品添加物や遺伝子組み換え野菜など、食べ物一つ見ても、どこにも安全性は存在しません。
 太陽が沈んでも煌々と街を照らす明かり、世界中を飛び交う電波や、脳に悪影響を与えると思われる高周波や低周波、至る所に存在する電磁波や磁力線、何一つ安心できる材料は存在しません。しかし病気を治そうと、もの凄い研究はされています。この矛盾の中で私達は生活しているのです。最も安全であるはずの病院の中に置かれている最新検査設備や治療機器など、そこから発生する電磁波の方が危険な場合もあるのです。
 科学が進んだ事はとても素晴らしいのですが、それが逆に病気の発生源になっている事が、とても残念に思います。また病気の症状は様々で数を上げたら限がありませんが、原因はさほど多くはないのです。しかし病院では専門医という形で、人間の体を部所で分けて考えています。
 これでは症状は抑えられても原因は解決する事は出来ません。逆にそれで良いのかもしれませんが、未来の日本を考えた時、原因を追究し改善しない限り、病人は増え続ける事になります。根本的な見直しは現代社会では不可能なのでしょうが、あえてそこに挑戦する必要があります。
 それは誰がやるかではなく、気づいた人が気付いた所を、気付いた日からおこなわなければなりません。その勇気が無くて、つけを未来の子ども達に押し付けているのが現実なのです。それなのに病気に成るとあのせいこのせい、社会を批判したり自分の事は棚に上げ、原因を追究しないような甘い考えが横行しているのです。
 今となっては全てが手遅れかもしれません。自然という私達と一体の社会関係が科学により崩された以上、仕方ないことかもしれません。常に地球に住む生命体は、自然環境に適合するよう進化してきました。決して強い者が生き残った訳ではありません。
 今私達はこの大きな危機に直面し、この事を深く噛みしめ自然との調和をはかるべきではないでしょうか。完全に行きづまった自然と人間との関係の中で、無理を通そうとすれば確実に負けるのが人類です。ましてや今、例え微弱とはいえ放射能に汚染された空気を吸い、また食品を食べながら生きていく内に免疫力は低下し、今まで治った病気も治らなくなったり、些細な病気が死を招くような事が起こり始めています。
 例えば風邪を引いただけで肺炎を起こし死に至るなど、これからは日常茶飯事に起こる可能性があるのです。そこに輪をかけるように意識障害者が急増すると思います。遺伝子の知らない、ましてや本能に経験の無い食材により、意識は限りないストレスの中で破壊されていくのです。
 これを改善しようとしても方法は見つかる事はないでしょう。抜本的な改善が無い限り、不可能な出来事なのです。医学の行き詰まりは元より、それを補う健康産業もなんの効力も持っていないのです。私達が今、病気という世界から多くを学び、自然環境を元に戻す事が最優先な課題なのです。
 それを無くして健康的な社会環境は望む事はできません。今すぐ気付いた人は始めて下さい。

 世の中にはお喋りがとても好きで、ある事ない事何でも良くて、ましてや噂話が大好きで、あちこちふれまわっている人がよく居ます。誰もが一番好きなのが内緒話です。
 こっそり聞く、人の噂は楽しいものです。興味しんしんに人の不幸話を聞いたり、大失敗の話は反って自分の心を豊かにしてくれるものです。しかしそれが逆転し自分の事が噂にのぼった時は、大変辛い目に合う事も良くあるのです。世間体という言葉の裏には、そういった背景があるのです。とにかく人は噂話が大好きです。
 そういった人間の特徴を利用し、特定の人を陥れる為に悪口を他人に言わせると言う手法があります。とにかく話の内容を秘密化し、特定である事を条件付け、有利性を持たせた上で正当化させていく、そんな手法があるのです。あくまで自分は良い子面を貫き通し、関係ないかの様に振る舞うのです。聞かされた方はルンルン気分で次から次へと言いふらして歩くのです。又その話を又聞きした人が、内容を確認する事なく次の人に伝わり、その内に尾ひれや胸びれが付き、だんだん大きな話と成っていくのです。
 一番最初にその話をでっち上げた人は高みの見物をし、なにくわぬ顔をして自分が陥れようとした被害者に近づき肩をもったりする事もあるのです。本当に人間という生命体は恐ろしいもので、これが当たり前のように行われる事が、現実を反って複雑なものにしているのです。
 人間の心は常に動揺し、それを満たすかのように報道機関は不幸な報道を連発します。そういったテレビや新聞を見た時、可哀相だと思う反面、自分の事でなくて良かったという安心感がそこにはあるのです。本当に人間はいい加減だと思いませんか。不幸な噂話や可哀相な事故、そんな事を見たり聞いたりし楽しんでいるのです。それも又逆に利用され、報道というその裏にある意識によりコントロールされているのです。自分より不幸な人が居るという事だけで、自分が有利にたったような気がし、上手くこの世の中に使われてしまうのです。
 しかしテレビやラジオが無かったり、携帯電話が無かったとしたならば、つまらない日常生活を送る事に成るのです。たった100年前の生活はどんなだったのでしょうか。これ程までに交通機関が発達し日本中が近く成りました。それに伴い人間関係も複雑に成り、情報そのものが世間を自由に飛び回る中それにはどめは効かず、噂話も一人歩きを始め、会ったこともない人が、会ったことのない人の噂話をしているのです。こうゆう現実の中で私達はどう対応していったら良いのか、考えていかなければなりません。
 人の口には戸を建てられないと、昔から良く言われてきました。今も昔も同じ過ちを繰り返しているのではないでしょうか。そこにスピードがついた今、一瞬の気の緩みが命取りになるのです。かといって神経を尖らしているわけにはいかず、ある程度流されていくしかないのではないでしょうか。
 時には良い噂話で花を咲かせてみてはいかがでしょうか。心を和まさせ得てくれるようなそんな話が沢山あったら、人間関係もとても素晴らしいものとなるでしょう。お互いの思いやりの中で心が通い合い、同じ方向に向かっていけたならば、未来は必ず開かれ、人間関係も上手くいく事でしょう。
 噂が全て悪い訳ではありません。人間に言葉がある以上必ず、これは訪れる現象です。
 心が豊かに成り世の中が平和であるならば、伝え方一つで人間関係も素晴らし事になるでしょう。

 人は生まれながらにして、色々な運命を背負っています。育ちの良さとか旧家の生まれとか家風の違いにより、逆にそれが大きな荷物となる事もあるのです。
 上品とか下品とか何を基準にそう言うのか、非常に疑問も残ります。封建社会で今も観念的に生きている、それが品位と品格といった言葉に代用される事もあります。何気なく生きている社会の中で安っぽく見られてしまったりそんな事から粗末に扱われてしまったり、何を基準にしているのか非常に難しい点があるのですが、やはり品位と品格はこの社会では重んじられてしまうのは日本人独特の考え方がそこにあるのかもしれません。
 世界一、質の良い民族といわれる日本人は、もちろんプライドも世界一高く、生活の全ての行為に道という教えが存在し要するに華道とか茶道、剣道柔道武士道といった様な、非常に緻密に計算された生き様がそこに存在し、神道国家である日本は見えない世界においても、それを世界一理解し、亡くなってからの大義名分は他国では理解出来ない、日本だけのものかもしれません。肉体が滅んだからといって、それを人の死と考えず霊的なものに位を与え、肉体のない世界でも非常に厳しく扱われていくのです。それは悪い意味ではなく、日本人だけが理解出来る、素晴らしい行為なのかもしれません。
 また日常生活の中では行儀作法といった様に法則が用いられ、完璧に秩序のある世界一位の高い民族性を維持しているのです。武士道といったその世界を紐解いてみると、これ程にまでも大義名分を重んじた世界、確かに世界に類の無い極めて突出的な考え方なのかもしれません。しかしこの中でそこを総称している中で、内側から見出される品格の世界が行儀作法という形で、明解に教えられているのです。
 立ったまま物を食べてはいけないとか、手でつまみ食いをしてはいけないとか、箸の扱い方一つでも色々な呼び名があり、例えば箸で前の方にあるお皿を引いてきては非常に下品とされる、また箸を人に向けてはいけないとか、手前の方から食べなければいけないとか、教えや法則はかなり厳しいものもあります。お茶の作法においてもいくつもの法則が存在しています。華道一つ取ってみても色々な流派があり、これも日本独特の考え方と言えるでしょう。
 人は見掛けによって判断されます。かといって安っぽい洋服を着ていたから品が無いわけではありません。孔子の教えにある様に、やはり自分の顔に責任を持たなければいけない現実がそこに有るのです。
 口を開けて歩いているだけでも品がないとされます。やはり締まりが必要となってくるのです。しかし親からもらった容姿の中でどうしようもない様な気もしますが、明治維新前後の武士やまたその周辺の人々の古い写真を見ると、顔が締まっていて非常に品が高く、余り高価ではない絣(かすり)のもんぺをはいていても、あれ程までに品位と品格を保っているのはなぜなのでしょうか。やはり日本人の魂の位の高さが顔や姿勢に表れてくるのかもしれません。
 最近の私達は自由を求める上で、封建社会の考え方を拒否して生きてきた様な気がします。しかしここに来て厳しい社会にもまれる中で、安っぽさは自分を駄目にしていく一つの原因になる事を知ります。やはり自分を磨き日本人の魂の位に近づける為にも自分の性格を自分自身で変える事が、そしてそれが表情として顔に表れることがこの激動の社会で一つの良い方に向けた法則ではないでしょうか。
 品位と品格を重んじながら自分を変えていく、それが自分を変える一番簡単な方法なのかもしれません。なぜならば私達に初めからそういった記憶を持っているのです。日本人として生まれここに育つ以上、初めから備わっている大変優秀な能力でもあるのです。
 その自分の中に潜む素晴らしい恒久的な意識を多くの人が取り戻したならば、この社会はもっと素晴らしく秩序のあるものとなるでしょう。

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]