忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何気ない日常生活の中で、私達は知らず知らずのうちに、また誰から教わったともなく、この方法を利用しています。
頭を打ったとき「痛いの痛いの飛んでけ!」といって、頭の上を左回転でなでてあげます。
何故か痛みが和らぐのが不思議です。
茶道でも、お茶を頂くときに、自分の手のひらに乗せ、右回しにしてから頂き、返すときは左回しにして、それから返します。
何か偶然とはいいながらも、こんなところに大きな法則が存在しているのです。
北半球では、台風は上昇気流となり、左回転で渦を巻きながら、日本列島にやってきます。
このように、右回転または左回転に、面白い法則が存在しているように思われます。
要するに、右回転がインであり、左回転がアウトといったように、一定の法則で回転の方向を、またそれに付随する色々な出来事が、うまく絡み合っているのです。

逆にこの方法をうまく利用したならば、色々面白いこともできてくるのです。
例えば、次元図の上にコップを置き、その中にお茶とか又は水とか、お酒でもかまいません。
その上で、右回転に手を回しながら、おいしくなれとか、または私の好みの味になれとか、そんな風に思いを入れ込むことが可能となるのです。
また逆に、左回転で手を回しながら、まろやかになれとか、柔らかくなれとか、そんなことも、決して不可思議なことではなく、当たり前のようにこの法則は成り立っているのです。
そのように、右回転と左回転、またインとアウトをうまく組み合わせることによって、日常生活に大きな役割とまた生活そのものに知らず知らずのうちに関わってくるような出来事が、結構あるのです。
茶道の中で、そのような法則が使われていることは、とても不可思議なことですが、その当時から、私達日本人は、こういう法則があることを明快に知っていたということなのでしょう。
何故、このような現象が起こるのかというその推測の中に、やはり自然現象が大きく関わっていることと思われます。
先ほどいったように、台風が左回転で回り、またお風呂の水を抜こうと栓を抜いたとき、最終的に水は、右回転で流れていきます。
この北半球で生活する私達には、結構これは密接な出来事といえるでしょう。
やはり右回転がインであり、左回転がアウトというのは、この地球上における自然現象の中に、その答えは明快にあるのかもしれません。

しかしこの中で、いいとか悪いとかという意味ではなく、インとアウトを意識の上で、うまく利用することを考えたならば、それはイメージ作りの中で、回転とエネルギーの関係が、意識にうまく反映したならば、思いは現実化する方向に導かれることでしょう。
望みを叶えるためには、この法則をうまく利用することが、手っ取り早いやり方となることでしょう。
これからの時代、飲食物に含まれる化学物質や不純物等においても、私達の意識の中で、ある程度こういうものを緩和したり、逆に排泄したりする方向に意識を持っていくことが出来るのです。
常にそのような考えを持ち合わせることにより、どこかにそれが利用できたならば、結果的に、色々なものが解決されることになるのでしょう。
是非色々なもので試してみてはいかがでしょうか。
また、水における科学の中で、この法則は非常にうまく使われています。
またこのフォーマットウォーターを作り上げる上で、水をいかに左回転へと導き、その左回転の法則にどう融合させるかが一番大きな課題となっていたのです。
また皆さんがよく手にする水晶球にも、右回転のものと左回転のものがあります。
それは地球に対して垂直に置いたときに起こる現象で、その水平の方向にどう曲がっているのかが水晶の回転を見分ける方法なのです。
そして、そこをうまく左回転に修正してあげることにより、水の回転方向も、そのα(アルファ)チャンネルに融合させることにより、左回転の水が出来上がってくるのです。
水晶が持つ一番の特徴である、α波が、私達に有効的に働きかけるのも、このような回転と大きく関わっていることは間違いないのです。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]