忍者ブログ

地球人口が急激に増え、それに伴い、食糧事情が著しい変化を遂げてきました。
全ての食料は、基本的には農業に頼っている現実があります。
何気ない加工品であっても、全て原材料は、農業に依存しているのです。
やがて人類は、その食糧危機の中で、肉を生産するよりも、その前の段階での植物への依存が、急激に増えることは間違いないことでしょう。
何故なら、食肉のために動物達を利用するとするならば、彼らも生きるために、かなりの水を必要とするからです。
そんなことから、酪農や養豚は急激に減っていくことは、間違いないことでしょう。
この地球は、多くの水を抱え存在していますが、しかしながら、そのほとんどは、海水という、そのままでは飲むことの出来ない水なのです。
今の科学は急激に進み、海水を真水にすることなど、いとも簡単に行うことが出来るようになっていますが、その水は大変高価な水となり、庶民が届くような金額では買えないものとなることでしょう。

今、農業生産の中でも、水がなければ、全ての農業は成り立ちません。
今の農業は、特にこの日本では、雨水に頼っているのが現状ですが、水田のように用水路を作り、川の水を利用しながら行っている現状がここにあるのです。
世界的に考えたならば、地下水をくみ上げ、川の水を使い、農業を行っているのが現実ですが、砂漠化が急激に進み、地球温暖化の中では、地表が持つ保水力に著しい変化が訪れ、解りやすくいうと、蒸発する水分が多く、またスピードが速いのです。
またそのようなことから、大気中における水分量が急激に変化し、その結果、大洪水と大干ばつが交互にやってくるという、極めて不可思議な現象が起きているのです。
しかも、太陽の変化に伴い、海水における水温の上昇がそこに拍車をかけ、地球環境は著しく変化します。
この中で、私達人間を含めた全ての命は、生きていかなければいけないのです。
食物連鎖により生活設計が成り立っている現状の中で、真っ先にこの地球環境の大きな影響を受けるのは、大地であり、植物達です。
その結果、急激な水不足はもうすでに発生し、農業そのものが今後どうなっていくのか解らないのが現実なのです。
ロシアの大きな湖が干上がり、それは水が綿花のために使用されたことが原因だということは、よく知られている話です。
また、黄河が干上がり、水が海まで届いていないという現状も、皆さんの知るところでしょう。
著しい農業の変化の中で、そして機械化の中で、水は大量に消費され、環境の変化の中で、地下水が枯渇するというような現象も起きているのです。

このような現実の中で、70億という人間を抱え込みながら、人類は未来へと進んでいかなければならないのです。
世界で唯一、水不足に陥ることのないこの日本において、かなりの有利性を持っていたかのように見えましたが、日増しに降り積る放射能の雨により、地下水の汚染は急激に変化していくことは、間違いないことでしょう。
何故ならば、これから発表される色々なデータの中に、今回起こった事故における悲惨な現実が、明らかにされていくからです。
いくら水があっても、飲めなければどうすることも出来ないのです。
要するに、世界の水不足の中に、この日本も参加せざるを得ない現状がここにあるのです。
今はまだ、現実味を帯びていない話のように思われますが、5年後の日本において、それは現実のものとなることでしょう。
何故ならば、すぐに結果の出ない現実は危機感をもたらすことがなく、安易な発想の中で、その危機は突然訪れるからです。
そうなってからでは、もう間に合いません。
その前に何らかの手を打つ必要があるのですが、地底湖といわれる安全な水は、もうすでに大手がその権利を買い占め、一般庶民には程遠い存在となっているのです。
いかに安全な水を確保するかが、これから大きな問題となっていくでしょう。
また農業において、安全な水で栽培しない限り、それを食べることは出来ないのです。
よってこの日本でも、世界以上に水不足は深刻化することでしょう。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]