忍者ブログ

倭に住む私達は、ほとんどの人達は、何不自由なく、食べ物にも困らず、今日まで生きてこられました。
しかしながら、この豊かさと幸せはいつまで続くのか、もうそんな保証はどこにもありません。
2012年から始まる、大変革の年を迎え、この豊かさに甘えすぎた私達は、神に対する感謝の祈りをすることもなく、現実の当たり前の世界で、豊か過ぎるこの日本で、どれだけ甘えて生きてきたのか、それを思い知る日がもうじきやってきます。
食料はことごとく底を突き、人間の意識は乱れ、その不安と現実は、人間を大いなる暴走へと導くことでしょう。
もうそれは、誰も止めることは出来ません。
世界が大きく変わろうとしたとき、どうこの地球で生きていけばいいのか、何を食べたらいいのか、今までは全てが与えられていたのに、これからは自分で確保しなければいけない現実が待っているのです。
農業を知らない人達は、農作物がどのように作られているのか、またどのようにしたらそれが生まれてくるのか、解っていないのです。
かつて縄文時代に、こんなに豊かでない現実の中で、全ての食べ物はそこに住む人達全員で作り上げ、そして平等に分け合いながら、豊かな心の生き方をしてきたことは間違いないのですが、今の私達には、そのような知恵は存在していないのです。
余りにも目の前に全てがありすぎて、お金さえ出せば何でも手に入る、やがてそんな時代は終わり、知恵を持った人達だけが生き残れる社会が、存在してくることは間違いないでしょう。
自然に対し、私達は、祈るしかないのです。
何故ならば、自然環境の中で食べ物を育て、そしてその食べ物を食べながら、生き抜いていかなければならないからです。

この大自然は、私達の科学が、何の価値もないことを教えてくれています。
農作物がたくさん取れることも、彼ら大自然の意識の中で繰り広げられる現実であり、私達の科学が自然を変えることは出来ないのです。
常にこの現実を知って、収穫に対する感謝を、そんな気持ちが、これから非常に大きな力を持ってくると思われます。
各地域で秋祭りが行われ、五穀豊穣を祝い、自然に感謝し、また神に感謝し、そういった生き方を、私達倭民族は、何万年もの間やってきたのです。
自然の恵みの中で、そこに現実と意識が融合し合い、豊かな心とこの豊かな大地で、穏やかな意識の中で、暮らし続けてきたのです。
もう一度、この自然を見つめ、自分の意識と会話してみて下さい。
私達倭民族は、この遺伝子の中に、そういった自然に対する、計り知れないほどの思いが存在しているのです。
自分の遺伝子と会話してみて下さい。
確実に過去の記憶を持ち、この自然の素晴らしさと、この自然に対する恵みに、感謝の祈りを捧げていた自分が存在するはずです。

これから危機的な時を迎えようとし、世界は大きく変わろうとしています。
今までのような生活は、本当に出来なくなる可能性は、十分に考えられます。
この日本でも、食糧危機は必ずやってきます。
もちろん世界も、同じ運命をたどることになります。
そんな中で、要するに、豊かなこの日本で考えてきた現実は、豊かなぬるま湯に使っていたからこそ、発生した意識に過ぎません。
これからの現実は厳しく、そんな甘えた考え方は、何の意味も持ちません。
豊かだったからこそ想像した未来は、厳しい現実の中では根拠を失うことでしょう。
私達に急がれることはこの大地の修復であり、自然をいかに理解し、この自然の中で命を共有し合いながら、生きていかなければいけないという現実があるのです。
確実にその日はやってきます。
早くそのことに気付き、自然を大切に、そして生きるための現実をそこから作り出すことが、今最も必要なこととなるでしょう。
本当に、未来は厳しく、またこの運命は、避けることはできません。
もうそこを見つめ、理解し、夢の意識から早く冷め、現実を生き抜く意識へと戻り、今すぐ準備に入って下さい。
その日がきてからでは遅いのです。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]