忍者ブログ

もう一つ大事なのは朝陽を見る事。カーテンを閉めて寝る事が、どれ程良くないか。
朝、雨降りなのか、曇りなのか、晴れなのか、それを見る事によって体内時計の狂いを直すのが、朝陽なんです。
ですからカーテン開いてると、だんだん明るくなっていく中でスーッと目が覚めてくるものなんです。
いきなり目覚まし時計で起こされて、カーテンをバッと開けられると脳がおかしくなってくるんですね。
少しづつ、少しづつ、眠っていながらも身体は朝陽を感じるんですよ。明るさを感じてくる。
そして、太陽の光を浴びた時に今まで狂っていた時間が、7時という時間に設定されてきます。これカーテン閉めてあったら、6時なのか7時なのか分かりません。そこなんですね。


ですから太陽の光を見る事。
カーテンも夜は覗かれますから仕方ないけれども、朝陽は覗かれませんから電気消しっちゃった後は、少し開けとく。
そうすると、朝陽を浴びながら目が覚めてきます。
これ大事。
ひとつ自然界の中で生きる為に、そういう工夫をして下さい。
健康に過ごす為の秘訣の一つです。


そして、夜たまに月を見る事、月を。
中秋の名月、満月ありますけれども、満月を見る事によって崩れたバイオリズムを正常な28日周期戻すんです。満月から新月、新月から満月、これで28日のサイクルなの。


音の7音階(ドレミファソラシ)光は7色の光、そして一週間は7日、7かける4が28日、7は発芽、その後は生殖成長、そして卵が孵化するのが3かける7がで21日。
全部7の倍数なんです。これがバイオリズムの原点なんですね。


ですから、いい音楽を聴くのも大事。
太陽の光、朝陽を見るのも大事。
そして、満月、新月を見るのも大事。
これが地球、そして宇宙の中で私達が同化しながら、地球と共に生きていく為には、そういう風にしていかなくてはならない。


「満月を見てはいけない」って言ったおばさんいますけど、これは大きな間違い。
満月は絶対見なきゃいけない。


その為に満月、お月見という行事が残ってる。
これが先人達の知恵です。
お月見行事があるのは、身体のバイオリズムが狂っても、月さえ見れば元に戻れるんだよ。
だからかぐや姫の話だとか、天の羽衣とか、月にまつわる話は沢山あるのかもしれませんね。
また、月にも沢山の呼び方があります。
月を見たり、星を見たり、時には天を仰いだり、こうしながら昔の人は、色んな思いの中で生きていたんですね。
そうした中に、先人達の知恵も生まれているんです。
満月にお団子供えてお月見しなさい。
お月見なんて素晴らしい行事ですね。素晴らしいですよ、これは。
そして、朝陽を浴びる事ですよ。
風水では、朝陽を浴びながらご飯を食べなさい、という教えもありますからね。


何か昔の日本人って素晴らしいよね。
凄い知恵を持っていた。
その知恵の中で生かされてきたのに、西洋医学だ、東洋医学だって頼ってきて、どんどん日本人である事を忘れた。
徳川時代200年も鎖国してきました。不自由しましたか?
薬や食べ物に不自由しましたか?してないですね。
加賀百萬石なんてお米を作っていましたよ。
化学肥料なしに百萬石ですよ。凄いよね。
素晴らしいお米を作っていたのよ、日本人は。化学肥料なんて使わないで。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]